上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●楽善会訓盲院の跡地 築地4-5-2
市場橋公園内にはジョサイア・コンドルが設計した訓盲院の記念碑があります。

訓盲院の跡地
東京盲唖学校発祥の地 日本点字制定の地
1979(明治12)年 ジョサイア・コンドル設計により完成      
1880(明治13)年 楽善会訓盲院として開校          
1887(明治20)年 官立に移管 東京盲唖学校と改称    
1890(明治23)年 日本点字制定                
2010(平成22)年 11月1日建之

コンドルがお雇い外国人として来日したのが明治10年。訓盲院の完成は明治12年。
工部大学校の南門・門衛室を別として、これが家屋としては日本で初めて建てたもののようです。
なお、築地明石町・現在の聖路加国際病院の敷地には、コンドル設計した立教女学院と内部装飾を手がけたトリニティ教会(立教女学院隣接)もありました(関東大震災により崩壊)。

●築地本願寺  築地3-15-1
築地本願寺
端の塔は仏舎利をイメージしたストゥーパ

ちょうど先月、BS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」で案内していました。その時のお話によると・・・
西本願寺というと京都にあるけれども、約400年前に江戸に別院を日本橋横山町に立てたそうです。それが明暦の大火で焼けてしまいました。その後、幕府から与えられた土地はなんと海の上→埋め立てて本堂を再建(築地の土地名の由来は土を築いたから)。
そして関東大震災でまた消失してしまい、再度建てたのが今の築地本願寺。
古代インド様式にした理由→「西洋の真似だけではだめだ! アジアの建物を作らなくては!!」
お寺の建築で鉄筋コンクリートが使われた草分け。

設計したのは伊東忠太。中国→ヨーロッパへとシルクロードを建築学研究していた伊東忠太と大谷探検隊を率いた西本願寺第22代宗主大谷光瑞の出会いが築地本願寺を設計するきっかけとなりました。
アジャンター石窟寺院をモチーフにしたと言われています。

築地本願寺 カルラ前 築地本願寺 カルラ後
迦楼羅(カルラ)インドの仏法を守る聖獣。狛犬はこれがもとになっているようです。

築地本願寺 拝殿ステンドグラス
向拝(ごはい。本殿や拝殿に向かうエントランスのようなもの)入口のステンドグラス

築地本願寺 拝殿 床
向拝 左の階段

築地本願寺 鳥築地本願寺 牛
築地本願寺 猿築地本願寺 馬
築地本願寺 獅子築地本願寺 象
向拝の両脇の階段には、鳥、牛、猿、獅子、馬、象がいます。
That's 忠太ワールドとでもいいましょうか。
なお、鳥は鳩とか孔雀とか鳳凰とかいろいろ言われていています。一応、本堂でもらったプリントには孔雀とありました(でも、一般庶民には太った鶏に見えます)。そういえば、牛も猿も馬もそれが何牛なのかとかあまり気にしませんが、鳥は気になります。。。

これらの動物は三畜評樹という仏教説話に基づいていると言われて、鳥、猿、象のうちで鳥が一番小さい、弱いものだけれども、一番高いところから物事を見る。物事を見極めるには全体を見渡すことが大事ということを表しているとのことです。三畜と言いつつほかの動物もいろいろいるのは何故なのかはよく分かりません。

築地本願寺 大本堂
大本堂の4本の柱にはそれぞれ中国の四聖獣「青龍」「玄武」「白虎」「朱雀」もおります。

築地本願寺 象二頭 築地本願寺 グロテスク
このほかにも動物がいて、大本堂入って右にその場所を記した大きな地図とプリントが用意されているのでこれを頼りに探してみるとよいかもしれません。
1階奥には象二頭、同じく1階正面右側の階段にはグロテスクと呼ばれる獅子(?)の口から手すりが出ています。同じデザインが一橋大学にもあるそうです。
ブログを作っていて気が付きましたが、中庭の2階には鳳凰もいるようです。見逃した・・・
あと本堂内壁の木目調の塗装も・・・
築地本願寺 夜
 (建築データ)
 竣工 :1934年(昭和9年)
 所在地:東京都中央区築地3-15-1
 設計 :伊東忠太
 施工 :松井組 
 構造 :鉄筋コンクリート造 
 備考 :平成26年 重要文化財

(参考文献) 


(今日のおまけ)
大谷光瑞と言えば!!自分の中では断然『帝都物語』の中に出てくる大谷光瑞ですわ。と言いつつよく覚えてなくて、男色趣味のある怪僧・・・みたいな印象だけ残ってしまいました。すみません、宗主。


(関連記事)
●甦った西本願寺「伝道院」と伊東忠太展
●龍谷ミュージアム 特別展「二楽荘と大谷探検隊」
●築地 近代建築巡り その1(築地場外の看板建築)
スポンサーサイト
夏ごろ、築地市場が移転する前に見学しておこうかな、と計画を立てていたのですが、そうこうしているうちにまさかの移転延期。それでも、土曜の築地場外は人混みで大変でした。

場外を歩いていると魅力的な食べ物が沢山あってそちらに目を奪われてしまいますが、実は看板建築の密集地でもあります。

●虎杖マーケット 築地4-13-17 秋山ビル(鉄筋コンクリート)
築地 秋山ビル その1
数年前に虎杖のことを初めて知ったときは、「えっ。これでいたどりって読むのかー」とビックリした記憶がありますが、久しぶりに築地場外に来てみたら、虎杖の店舗が至る所にあってまたびっくり。
今は白く塗られていますが、元はスクラッチタイルだったようです。
築地 秋山ビル その2 築地 秋山ビル その3
築地 秋山ビル その4 築地 秋山ビル その5
中はすっかり改装されていますが、持ち送りや階段などいい味だしています。

●つきじ酒井商店 築地4-10-3
つきじ酒井商店
地味ながらも横から見るとマンサード屋根であることが分かります。当時、3階建てが禁止されていたので、これは3階じゃないんですー、屋根なんです~、と言い訳のためにマンサード屋根にしたそう。
下↓に出てくる、「やま藤」先の看板建築なんかもそれっぽいです。

●圓正寺 築地4-12-9
圓正寺
明暦の大火により江戸御坊(築地本願寺)と共に当地へ移転したお寺さん。全面銅板葺き。

●虎杖横丁店と山野井商店 築地4-12-6
虎杖横丁店と山野井商店
またまた虎杖。3軒ほど看板建築が続いています。

●朝カラ食堂 築地6-24-7      ●築地すし鮑 築地6-24-8
朝カラ食堂 築地すし鮑

マルサン三軒家 ●マルサン三軒家 築地6-21-15

●海老の大丸 築地6-26-3       ●やま藤先の看板建築  
海老の大丸 <やま藤先の看板建築

●せともの 一不二 築地4-14-4
せともの一不二 その1

せともの一不二 その2

せともの一不二 その3 せともの一不二 その4
波除通りのお店。入口は金子海苔店でもあり、店舗の奥には所狭しと瀬戸物が置いてありますが、店舗の壁に「絶対勉強」「絶対勉強」「絶対勉強」「絶対勉強」と千社札みたいなものがたくさん貼ってあって仲間内で大うけしました(笑)。
離れて見ると気付づきますが、角を曲がった所にも同じデザインの看板建築があります。窓には羽根と天使(?)、角には真実の口みたいなおじさんがついてます。

(今日のおまけ)
築地ホテル 現在 現在の中央卸売市場の立体駐車場あたりには幕
 末、日本最初の本格的なホテルであった「築地
 ホテル」がありました。建設・経営の両方に携
 わったのが現在の 清水建設である清水組の
 二代目、清水喜助でした。
 明治元年に開業したものの、経営は思わしくな
 く明治3年には喜助は手を引き、明治5年に建物
 は海軍のものとなり、さらにその1か月後には
 銀座大火で消失。とても不運な建物のでした 
 が、何しろ初めての本格的なホテルということもあり、日本近代建築史上では結構有名な建物です。

(参考文献)
 
資料にみる近代建築の歩み
(三井本館解体工事現場)大正15年。中央の人物は「昭和天皇?!」と思ってしまう風貌。

今月末まで湯島の国立近現代建築資料館で「資料にみる近代建築の歩み」展が催されています。
近代建築黎明期の擬洋風建築から現代に繋がる高層ビルディングまで、文字通り、歩みの紹介。
   第1章 建築の文明開化~棟梁とお雇い外国人の活躍
   第2章 歴史主義との格闘~建築家と請負業の登場
   第3章 鉄とコンクリート~技術革新が建築を変える
   第4章 新たな時代へ~戦後復興を超えて-の4部構成。

資料にみる近代建築の歩み 展示場

現代を生きる私たちにとっては鉄筋コンクリートでも木造でも当たり前のように感じる建物ですし、レンガ造は懐かしみを持って見るという感覚ですが、明治期までの日本人はそれまでの2000年ほどの長い間、木造しか知らず、やっとレンガ造など新しい建築を取り入れたと思ったら、明治の半ばには鉄だコンクリートだとまたも新しいものが出てくるという、急激な革新の時代だったようです。

内部は設計図など以外は基本的に撮影可でしたが、鹿鳴館の階段(部材)は何故か撮影禁止でした。
この階段、一部分だけではありますが、建築史的というよりも歴史的に有名な建物ということで価値がありそう。昨年、ジョサイア・コンドルの絵の師匠だった河鍋暁斎展でも展示されていました。意外とお目にかかる機会のある展示物です(笑)。
他にも、三井組の柱頭とか一橋大兼松講堂のテラコッタとか、素人的には設計図よりも見て楽しい展示品が結構ありました。

三菱一号館柱頭
(三菱一号館柱頭)銀行営業部のコンポジット式柱頭。吹き抜けをつぶして2階を設けていた時期に塗られた白いペンキが残っている。

ビデオ上映でも貴重なものが流れています。
Ⅰ『 明治建築をつくった人びと - コンドル先生と四人の弟子 - 』(54分31秒)
   上映時間:10時と13時
Ⅱ『 大阪瓦斯ビルディング新築工事施工実況 』(40分29秒) 上映時間:11時と14時
Ⅲ『 明治生命保険株式会社新築工事実況 』(34分32秒)   上映時間:12時と15時
   ※展示会場内にて短縮版視聴可

「明治建築をつくった人びと」は辰野金吾が建てた大阪の旅館「南天苑」だったか、郷里・佐賀県の武雄温泉のどこぞの旅館だったかでビデオが見られると聞いたことがあって、泊まりに行ったら見られるかしらと漠然と思っていましたが、遠くに行かずして見られラッキーでした。もう20年前の映像で、中に出てくる藤森先生が若いです(笑)。

明治生命本社を建てる映像には地鎮祭の場面があり、岡田信一郎と曽禰達蔵が出席していました。動いている2人を見るのは初めてで「おー、動いてる」とかなりミーハーな気分に。

リベット打設道具 大阪瓦斯ビルディングの映像では、現
 場で1000℃近くに熱したリベット
 (鋲)を放り投げ、それを円錐の容器
 で見事キャッチしていたのが圧巻。
 一歩間違えれば大やけど。
 実際、危険ということで今は行われて
 いないようですが(高圧ボルトや溶接
 に 替えられています)、かつては地
 上から7階まで投げたとかなんと
 か。。。



(今日のおまけ)
岩崎邸
資料館へは2か所から入館が可能。1つは湯島地方合同庁舎正門から。もう1つは都立旧岩崎邸庭園から。
ただし岩崎邸から入る場合は、岩崎邸の入園者に限られるため、入園料400円が必要となります(資料館自体は無料ですが、土日は岩崎邸側からでないと入れません)。
お金はかかりますが、岩崎邸側から入るのがおすすめ。
資料館の大きな窓からは岩崎邸を見下ろす事ができ、洋館と和館のつなぎ目がしっかり見える隠れスポットでもあります。

資料にみる近代建築の歩み チラシ (展覧会データ)
 「資料にみる近代建築の歩み」
 場所:国立近現代建築資料館
 期間:2016年5月14日~7月31日
 開館時間:午前10時~午後4時30分。
 料金:入場無料。
 ただし、都立旧岩崎邸庭園から入場する場合は
 入園料400円(一般)が必要(土・日曜と祝日は
 旧岩崎邸庭園からのみ利用可)。








京都鉄道博物館
29日にグランドオープンしたばかりの「てっぱく」へ行ってきました。
ちょうど開園時間直前に着いたため、めちゃくちゃ長い列ができていて、それを見ただけでちょっと滅入りましたが、券売機がたくさんあるせいか当日券でも意外とたいして待つことなく入れました。ただ、中に入っても運転シミュレーター、手動ジオラマ、SL乗車・・・並ばないと体験でいないものも結構あります。
特に、トワイライトプラザの運転シミュレーターは抽選に当選しないと遊べないのです。この日は9時20分の回の当選枠は88、11時20分で104。数字だけ見ると充分にも思えますが、実際は長蛇の列なので狭き門。
当たりが出揃い次第おしまいなため、落選どころか、並んでも抽選に参加さえさせてもらえないという超難関アトラクション。本気で当選したい人は早めにトワイライトプラザの抽選会場に並ばないと!

トワイライトプラザ1 トワイライトプラザ2
そのトワイライトプラザでは上を見てみましょう。こちらの上屋は大正3年に建てられた2代目京都駅の1番ホームの上屋鉄骨の一部が再利用されています。大正時代を代表する建築構造のトラス構造。
昭和25年の火災でも鉄骨部分は燃えずに、3代目京都駅となった後も使用され現在ある4代目駅の建設が始まるまでの80年間現役でした。その後も旧交通科学博物館の野外展示場上屋として利用され、今こうして新たな博物館で活用され続けています。

本館1階では鉄道の歴史が学べます。
旧新橋駅模型 昭和の駅
新橋と横浜にあった双子の駅舎の模型。    昭和の駅を再現したコーナー。

扇形車庫1
扇形車庫2
野外展示物の目玉である扇形車庫は大正3年竣工。当時煉瓦造が主流であった中、現存する最古の鉄筋コンクリートの機関車庫として国の重要文化財になっています。
大人1回300円で乗れるSLスチーム号の最終運転が終わると、車庫に戻るとき、ここの転車台乗って向きを変えるのが見られるそうです。

宇都宮駅を参考にしたと言われる旧二条駅舎(2階部分は平安神宮の大極殿参考とも。入母屋造で屋根の鴟尾(しび)などを見ると確かに似ています)。
旧二条駅舎1

旧二条駅舎2

もともとこの建物は京都鉄道の本社社屋兼駅舎でした(京都鉄道は明治40年国鉄に吸収)。
いまここにある経緯としては、明治37年に建てられたものを平成8年、JR山陽線の高架化の際に梅小路公園に移築されSL博物館となりました。今回のオープンに際しては、出口兼ミュージアムショップとしての役割を与えられました。
旧二条駅舎3


旧二条駅舎7

旧二条駅舎5 旧二条駅舎6
もともとは皇室が山陽地方へ行幸する際の出発駅という位置づけであったり、もとは二条城の近くにあった配慮からか、建物は一見、純和風ですが、窓は縦長の上げ下げ窓だったり柱や意匠が洋風的。

旧二条駅舎9 旧二条駅舎4
今はグランドオープン直後ということで、なんとショップに入るのに入場制限がかかり、お昼の時点で60分待ちという大混雑。行くならオープンフィーバが冷めた後か、入場してすぐショップへ走るほうがよさそうです。私はあきらめて帰りました。。。

旧二条駅舎8 (建築データ)
  竣工 :1904年(明治37年)
  所在地:京都府下京区観喜寺町
  設計 :不詳
  構造 :木造2階建


いわしパフェ (今日のおまけ)
 博物館になる前、こちらは梅小路蒸気機関車館という
 SL博物館でした。
 実はその頃にも一度行ったことがあります。
 もちろん今のような大盛況スポットではなく、のどかで
 ひなびた屋外展示場という感じ。
その博物館もいまや一気に全国区。周りの飲食店へも注目が集まること必死。
すぐ近くの梅小路公園「緑の館」1階の京野菜レストランでは、なんと期間限定で「桜といわしのパフェ」なるものが出ています。なんか見た目、正直なところ全然食欲そそられないんですけど(笑)、チラシには絶妙な一品って書いてあります。

(参考文献) 
今月上旬、多田屋のガイドがあるというので、久しぶりに「駅からさんぽ」に参加してきました。まずは駅西口の広場で受付を済ませスタート。

●秋葉旅館
秋葉旅館
駅前角のコーヒー店の2,3軒隣にある旅館。今も営業しているか不明・・・。
東金は大量に獲れた鰯の肥料加工で栄えた所で、かつては千葉で2番目に大きな街だったそう。
旅館もその頃栄えたのでしょうか。

●石井センイ
石井センイ 側面 石井センイ アップ
旅館のある通りを突き当たった所。横から見ると近代建築であることが分かります。
地味ながら下見張りに洋風の窓。そして地味なのでつい手前のパーキング「1日300円」というのに目が行ってしまいます。1日300円。。。安っ!!

●湖月堂
湖月堂 正面

湖月堂 アップ 湖月堂はこの地域の老舗和菓子店で柚子羊羹が
 有名です。
 今日はイベント日ということで、その柚子羊羹
 がセールで2割引き、柿羊羹は半額で売って
 いました。
 うちの親が羊羹好きなのでお土産に買って帰
 りましたが、その時にお店のおばさんに聞い
 た話によると、この建物は、もともとは明治期
 の郵便局であったものをこちらに移築したも
 のだそう。

(湖月堂 本店)
所在地:東金市東金1205
TEL :0475-52-2024
営業時間:9:00~18:00
竣工年:1925年(大正14年)

●東金高等学校
東金高等学校は今年で設立107年の伝統ある高校。歴史があるだけに古い建物も少し残っていて、正門と作法室がその名残をとどめています。
そういえば、旧千葉県立安房南高等学校に行ったときにも作法室という部屋がありました。明治時代の高校生はどんな作法を学んでいたのでしょうか。。。

東金高等学校 正門 その1 東金高等学校 正門 その2
正門はレンガ積みで上部に1本赤いラインが入っているのが辰野式風。

東金高等学校 作法室 その1

東金高等学校 作法室 その2 東金高等学校 作法室 その3
作法室はハーフィティンバー。ピンクのやさしい色合いの塗装も安房南高等学校を思い起こさせます。

東金高等学校 作法室 その4 東金高等学校
謎は、作法室の前に置かれた塔の先端部分。本体は壊しちゃったけど、記念に置いておきましょうか、という感じ? 構内にはこの尖塔を模したと思われる建物もありました。

今日の「駅からハイキング」のコースを練ったのはこちらの山岳部の生徒だそう。そして箏曲部の演奏もありました。どちらも高校にはなかなか無い部でそんなことからも歴史がある学校なんだなあと思います。

所在地:千葉県東金市東金1410
設計 :後藤政治
竣工年:1912年(大正元年)

●旧多田屋店舗
旧多田屋店舗

旧多田屋店舗 1階奥
この日は「駅からハイキング」ということで、建物内、奥の広めの部屋でガイドがありました。
それによるとそこの部分は(?)大正10年頃建てられたものだそう。
教科書販売権は10年ほど前に手放したものの、かつては、この部屋で千葉県の小中学校の教科書を仕分けしていたそうです。

多田屋は今も千葉にある本屋さんで、創業が文化2年(1805年)と歴史のある企業です。
もっとも、こちらの建物は8年ほど前に売却してしまい、現在の所有者は壊したがってたそうですが、幸いにも今は保存・修復へ向かっています。

旧多田屋店舗 1階

旧多田屋店舗 1階天井1 旧多田屋店舗 1階天井2
手前の正面洋風の部分はたばこや塩などの専売公社として使われたもので、その後サントスという喫茶店になりました。
喫茶店時代に改装され、カウンターなどがつけられたようですが、最近復元に着手し、撤去されたそうです。予算との兼ね合いもあり、復元にはまだ時間がかかりそうだとか。
なお、1階に飾られている看板などは必ずしもかつての店舗と関係のあるものではないそうです。

旧多田屋店舗 2階 階段 旧多田屋店舗 2階 社長室から
2階は社長室と応接室。応接室のソファでおばさんが昼寝をしていたので全体写真は撮れず。ちょっと残念。

所在地:千葉県東金市東金1135
設計  :不詳
竣工年:昭和初期

●旧東金税務署(旧多田屋本社)
旧東金税務署
もともとは東金税務署の建物。税務署には100人くらい働いていたそう。
それを多田屋が海側に土地を持っていてた土地と等価交換し、昭和48年(1973)から多田屋本社社屋として使用されました。
なお、多田屋は江戸時代からいろんな商売をしていたので今も蔵、宿泊施設だった建物がすぐ近くに残っています。

所在地:東金市東金1135
竣工年:明治末期

●武野輪業 
武野輪業 正面

武野輪業 アップ1 武野輪業 アップ2
SUZUKIの大きな看板で隠れてしまっているのが残念ですが、こちらも近代建築。
向かいには「小幡銃砲火薬店」があります。そのようなもの初めて見ました。家康が鷹狩りに来ただけあって、狩猟なども栄えた町なのでしょうか。
所在地:東金市東金1013

●田中家具店
田中家具店
こちらは一目で近代建築と分かる建物。販売店らしい、ショーウィンドウも兼ねているかのような大きなガラス戸で通りの反対からも椅子などが見えます。デザインは幾何学的。
所在地:東金市田間2318
竣工年:1930年(昭和5年)

●藤田屋履物店
藤田屋履物店 多田屋向かいの少し先。
 ここは・・・全然近代建築とは関係ないのです
 が、店先に売っているサンダルや上履きが
 250円という、破格の安さで思わず中に入って
 しまいました(笑)。しかも、店番をしている
 おじいさんが、店のもの全部半額でいいよ、と
 言うではありませんか。つまり125円か!!
 たぶんもう、仕入れとかはしてないでしょうか
 ら、流行の靴とかはないのですけど、定番買う
 なら是非試しに入ってみて下さい。

(今日のおまけ)
桜の名所、八鶴湖に佇む八鶴亭はこの周辺に旅館がなかったため、豪商の共同出資により明治18年に建てられた和風旅館。今は料亭のみの営業をしています。
八鶴亭1 八鶴亭2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。