FC2ブログ
佐倉高校 正面
千葉県立佐倉高等学校記念館が年に一度の内部公開日ということで行って来ました。

佐倉高校 斜め
こちらの高校は前身を遡ると大変歴史のある学校で、このブログでも紹介することのある伊東忠太の出身校(当時の名は鹿山精舎。のちに鹿山中学校と改称。在学:明治12年~14年)でもあります。

佐倉高校 玄関佐倉高校 校舎
近年では長嶋茂雄さんや藤木直人さんの出身校としても知られています。

佐倉高校 左佐倉高校 2階作法室から

佐倉高校 堀田銅像前庭に最後の佐倉藩主・堀田正倫(まさとも)の像があります。正倫は佐倉高校・・・というよりも近代佐倉の発展を語る上で欠かせない人物で、私財を投じて農事試験場を作ったり、佐倉中(現佐倉高校)に寄付をしました。
当時の中学校は手狭だったものの、移転する資金がないということで堀田家から校舎建設資金4万円、敷地購入費2千円が寄付されたそうです。

建てたのは当時・千葉県技師であった久野節(くのみさお)と後藤政ニ郎。久野は後に鉄道省初代建築課長となった人で他に現存する建物としては高島屋大阪店や東武浅草駅、そして蒲郡クラシックホテルなどがあります。

佐倉高校 受付佐倉高校 覆輪目地
煉瓦部分の目地は東京駅でも見られる、高度な技術を要する覆輪目地になっています。

佐倉高校 階段佐倉高校 廊下
佐倉高校 作法室佐倉高校 作法室から
建物は現役で応接室や自習室もありました。作法室などもあって内部の全体の雰囲気は以前見学した旧千葉県立安房南高等学校木造校舎に似ています。

佐倉高校 応接室佐倉高校 教師の机
応接室には旧館で使われていた教師の机や修復前のスレート瓦(雄勝産)など展示。
楕円を縦に配したモダンな照明が印象的。

佐倉高校 記念 (建築データ)
 竣工:1910年(明治43年)
 所在地:千葉県佐倉市鍋山町18
 設計:久野節・後藤政ニ郎
 構造:木造2階建て
 備考:国登録有形文化財





全農佐倉(今日のおまけ)
高校から15分?くらい歩いた所にあるバットレスのようなものが着いた建物。上げ下げ窓があることからかなり古いものと思われます。

(参考文献)
スポンサーサイト
奈良3
奈良2
奈良1

本日からクラウドファンディングのミュージックセキュリティーズで「旧奈良監獄プロジェクト」の募集が開始されました。一口5000円。通常の案件ですと分配金がありますが、こちらは寄付型で配当はありません。
ただし、支援して頂いた方を対象とした特別見学会等を開催予定とのこと。
私はもともとミュージックセキュリティーズに登録していて、これまでの支払い留保金があったので、早速一口申し込んでみました。
奈良は遠いので見学会に行けるかどうかは怪しいですが、まあ寄付もいいかなと。
募集期間は100日あるので今から開設しても応募には間に合いそうですよ!
旧奈良監獄プロジェクト https://www.securite.jp/narakangoku/?mail=R20181123

奈良4
奈良5
奈良6
奈良7
奈良監獄オフィシャルサイト http://former-nara-prison.com/ 
門
※今年は曇りだったので去年の写真を中心に掲載しています(太鼓のは今年の)。

門 左
年に一度の千葉刑務所矯正展へ行って来ました。ここ何年かよく行っているのですが、今年はレイアウトが大きく変わり、中庭は飲食系の出店や雑貨&ワークショップ、門の外に矯正展の物品が売っていました。塀沿いの花・野菜・古着などの販売は例年と同じでした。

門 右
たぶん来年は来ないかもしれないと思ってちょっとがんばり開場時間の9時半に行ってみたのですが、(買い物ではなく)刑務所見学の列は既にかなり並んでいて、この時間帯ではもらえる整理券は1時以降のものだったようです。午前中の見学希望の場合、かなり早い時間に並ばないと難しそう。

門
門
こちらの建物は1907年(明治40年)に竣工。明治の五大監獄(千葉・金沢・奈良・長崎・鹿児島)で唯一現役の刑務所です。
と言っても現存は門と本館のみ。藤森先生の『建築探偵東奔西走』には事務棟の写真も載っていましたが、この30年で失われたようです。

本館 全体
・当初監獄は寒川片町にあったが、湿度や潮風で監獄に病気が蔓延しやすかったため、台地で乾燥した現在の貝塚町へ移転された。

本館 中央
・設計者の山下啓次郎は明治35年、司法省の営繕課長に就任し、監獄建築視察のためヨーロッパへ

本館 サイド
・明治24年から工事が始められ、当初は29年に完成予定だったが、日露戦争の影響もあって工期が遅れ、明治40年の完成となった。

塔
五大監獄はどれも立派な造りだったようです(長崎・鹿児島は正門のみ現存)が、その背景には治外法権(とりわけ治外法権)の撤廃に向けた目論見があったようです。
藤森先生曰く「監獄が文明度の物差しだった」そう。以前、林修先生の『初耳学』で奈良刑務所が取り上げられた時にもちょうど同じことを言及していました。
幕末に結んだ不平等条約を早く撤廃するには日本が欧米の国々と対等なレベルであるとアピールしなければならなかった訳で、そのうち有名なものが(失敗だったけれど)鹿鳴館だったりしますが、どうやら対等基準の一つにあげられるものとして監獄があったようです。
当時の日本の監獄と言えば木造で冬などめちゃくちゃ寒く、火事のときは身の危険もある人権無視ムシ施設でした。これを西洋の建築で立派に造り防寒や採光・風通しなど囚人の生活に配慮した文化レベルの高いものにすることで「法治国家」日本をアピールそうです。

側面
ちなみにこの時の初耳クイズは「監獄をオシャレにしたことで犯罪が激減した」のは何故か、というかなり分かりにくい出題した。答えとしては、従来の日本の監獄ではひどすぎて、こんなところに自国の民を入れるのは許せん!→だから治外法権は撤廃できない→いつまでたっても犯罪を犯す外国人を取り締まれない→なら立派でオシャレな監獄を造ってやる!→(その効果もあってか)治外法権が撤廃されて外国人も逮捕できるようになった→外国人のやりたい放題の犯罪が減った・・・ということなんでしょうか。
林先生はこの問題、残念ながら初耳だったのですが、さすがただじゃ起きない男、「構造的にはパノプティコンを思い出させる」と聞いたこともない単語でみなを煙に巻いていました。
なお、パノプティコンとは一望監視施設。千葉ではもう残っていない放射線状の獄舎が奈良には残っていて、2階の中央看守所からだと第一寮~第五寮すべてを見渡せて受刑者を見張るのに適した構造だそうです。

通気口
たくさんの施設が残っている奈良刑務所は2017年3月で刑務所としての役目を終え、2020年にホテルとしてオープン予定です。

●関連文献


●今日のおまけ
五大監獄に関して有名なここと言えば、すべての設計を手掛けた山下啓次郎はジャズピアニスト・山下洋輔のおじいさんだということ。その祖父や鹿児島刑務所のことを記した『ドバラダ門』という著書が面白いそうなので機会を見つけて読みたいと思います。
2018.09.01 ●静嘉堂文庫
静嘉堂 門
もうほぼ終わりかけですが・・・静嘉堂文庫美術館で「明治からの贈り物」を観てきました。
こじんまりとした美術館でその分、入館料も安いです。集中力が切れないうちに見終わる広さで個人的にはベストサイズ。明治の超絶技巧が好きなので、「美の巨人たち」でおなじみの柴田是眞、涛川惣助、海野勝珉のなど作品が見られたのも良かったです。

近代建築と関わりが深い作品というと、のちに開東閣(岩崎彌之助邸)のビリヤード室を飾った黒田清輝の「裸体婦人像」とコンドルの絵の先生であった河鍋暁斎の「地獄極楽めぐり図」、湯島にある旧岩崎邸の和館・大広間にある「富士に波」も描いた橋本雅邦の「竜虎図屏風」、コンドルが手掛けた弥之助墓所前にある大きな香炉を手掛けた岡崎雪聲の「唐銅龍鳳文環耳瓶」などがあります・・・と列挙していき気づきましたが、これらはちょうどすべてチラシに掲載されていますわ。

チラシ表チラシ裏
※画像をクリックすると大きくなります。

「裸体婦人像」の横には大きく当時のビリヤード室の写真が展示されていました。開東閣は一般公開されていませんが、されていたとしても、火事で内装はすべて焼けてしまったことを考えると、昔をしのぶ貴重な一枚です。

静嘉堂文庫1

たいと美術館のお隣には大正13年に建てられた静嘉堂文庫があります。こちらは普段中には入れませんが、何年か前、文化財ウィークで中に入れてもらったことがあり、いろいろ説明を受けましたはずですが、覚えているのは今でも研究者に門戸を開けていることと、日本で一番画数の多い漢字はなんでしょうというクイズが出たことくらい・・・。
答えは「たいと」。総画数84画。日本人の苗字とされていますが、意味はないみたいです。

静嘉堂文庫2
裏手。大正13年らしく当時はやりのスクラッチタイル。設計は三菱の丸ビルも手掛けた桜井小太郎。和漢の古典籍が納められている。特徴としては個人が収集した蔵書を、散逸を防ぐため一括購入していたこと。

静嘉堂文庫3
1988年発行の藤森先生の「建築探偵東奔西走」の写真では2階窓、タイル3段下くらいまでだった植木が今は窓の真ん中あたりまできてます。ちょうど30年でそれだけ育ったということですね。正直言うと、建物より何より、どうやってあの高さの植木をこんもりキレイに切り揃えているんだろうと、そちらのほうがよっぽど気になって仕方ありませんでした。。。。

岩崎家霊廟 全体
庭の奥へ進むと岩崎家の霊廟。明治43年、岩崎小彌太が父・彌之助の三回忌法要にあたって建立した(設計:ジョサイア・コンドル)。

岩崎家霊廟 二十四考岩崎家霊廟 二十四考
中国故事「二十四考」が扉に描かれている。孝行が特に優れた人物24人。

岩崎家霊廟 香炉
青銅製大香炉。中国の殷周時代の鼎にならったもの。内側には寄進者名が鋳出されている。あまりの大きさに当時新聞でも話題になった。

(今日のおまけ)
岩崎家霊廟 香炉
香炉のそのフォルム、「おしりたんてい」に激似・・・

(参考文献)
(その1)より続き

●高輪消防署二本榎出張所(港区高輪2-6-16 昭和8年)
高輪消防署二本榎出張所
今回はさらっと通っただけなのですが、数年前、グループでこの周辺を見学して回っていた時、外観だけ見て終わるつもりが、どうやら頼めばガイドしてくれるみたい、と、成り行きで見学させてもらったことがあります。
2階には昔の火消し道具などが展示されていて半纏や半鐘がありました。そういえばキャンプカーみたいになっている消防車の中も見せてもらいましたっけ。
なお、現代では火の見櫓は必要なくなってしまったため、このように残ってるのは、大変珍しく、保存されたのは貴重であるようです。

●日本基督教団高輪教会(港区高輪3-15-15 昭和7年) 
高輪教会
あ、なんかライトっぽいデザインの建物!と思ったら彼のもとで学んだ岡見健彦の設計。
『東京建築ガイドマップ』によると、この建物がライトの影響をかなり受けているのは、昭和3年~5年までタリアセンで学び、日本に戻ってきて間もない頃の作品だからではないかとのこと。ライトっぽい教会としては日本で最初のものだそうです。

●旧竹田宮邸「高輪貴賓館」(港区高輪3-13-1 明治44年)
竹田宮邸 01
この辺りは江戸時代は土佐藩の武家屋敷あったそうです。そのあと後藤象二郎邸を経て、明治31年に皇室の御用地となりました。
明治40年に御用邸を建てはじめましたが、その建設中にこの地はそれぞれ明治天皇の内親王と結婚した竹田宮恒久王・北白川宮成久王・朝香宮鳩彦王の三宮家に分け与えられました。
現在その跡地にできたのがプリンスホテルですが、同じ一つの敷地にありながら名称はあえて「グランドプリンスホテル高輪、グランドプリンスホテル新高輪」とわけているのは高輪が竹田宮、新高輪が北白川宮の跡地だからだそうです。

竹田宮邸 02
建設中だった建物は明治44年完成し竹田宮家に下賜されました。かつては現在残る洋館のすぐ隣に三連の和館が平屋で表御殿・中御殿・奥御殿と並んでいたそうです。残念ながら旧北白川宮邸も取り壊されてしまい今はありません。設計は両方とも皇族のものだけあって宮内省内匠寮があたりました。一般には設計者としてまず名前が挙がるのは内匠頭の片山東熊ですが、実質的な設計は木子幸三郎がしたようです。フランスバロック風ルネサンス様式。

竹田宮邸 03
残念ながら中は撮影禁止だったので、画像がなくて申し訳ないのですけども、内装は迎賓館を訪れた人ならまず『似てる』と思うに違いありません。迎賓館が片山東熊の代表作なので似ていて当然なのですが、設計時期が迎賓館の工事が完成に差し掛かった頃というのも大きいようです。
一番分わかりやすく『似てる』と思わせるのは白漆喰に黄金の花綱装飾という華やかさ。よく考えると、この取り合わせって、ほかのどの豪華な洋館でもあまり見かけませんし、これにふさわしいのはやはり皇室だけな気もします。

竹田宮邸 04
こちらは普段、宴席・会議専用ということで一般利用はできません。確実に見る方法は今回のツアーに参加することです(笑)。
あとは結婚式にお呼ばれされるとか。ただその場合、2階は開放されないようですし、今回はバックヤードといいますか、普段見せないところも見られたのがツアー特権でした。例えばかつてのトイレや共同浴場は倉庫になってたりとか、2階の妃殿下の寝室・パウダールームさえ倉庫・パントリーになってたりとか。使用人の部屋が改装の際、トイレに作り直されたのとかはまあ、やむなしと思いますが、やんごとなきお方のお部屋が倉庫になっているのはちょっと寂しいかも(^_^;
非公開部分としては配膳用の螺旋階段も見せて頂きました。今は花屋さんが使っている地下はかつては厨房だったそうです。階段はものすごい急勾配だし狭かったので、ここを料理を持って上り下りするのは大変だったろうと思います。

竹田宮邸 05
改修は昭和46年、村野藤吾によって行われました。なお、迎賓館の改修も村野藤吾ですが、新高輪プリンスホテルは彼の設計です。大昔、とある歌手のディナーショーで飛天の間に行ったことがあります。なんとステージのかぶりつきという垂涎の席で見られたのですが、それはチケットを、私の知り合いのそのまた知り合いの女性のおじさんがかおじいさんだかがここを建てた人だからから取れたんだよ、と言われたのを久しぶりにプリンスに来て思い出しました。
そのころは建築に興味がなく、『なんか派手な建物・・・』としか思わなかったのですが、今にすればあの隣のテーブルに座っていたあの人は村野さんの親族だったのか~~。なんでもいいからエピソードの一つでも聞いていれば・・・と悔恨。

竹田宮邸 06
チャペルは一部改装。完全オリジナルなのは床と椅子で、椅子の真ん中についている太陽みたいなマークが竹田宮の紋章?だそう。2階にある一部のソファなども現存品。
桐の間、橘の間など、各部屋はもともとの名称を引き継いでいますが、菊の間だけは改称されたとのことでした(何に変わったのかは失念・・・)。いっしょに見学していた参加者が「菊だと恐れ多いから?」と言っていました。たしかにそんな理由かもしれませんね。

竹田宮邸 07
2階のベランダの柵はかなり低いです。これは、当時、高台にあるこの洋館からは品川の海が見渡せたので、わざと低くして、(多分ロッキングチェアなどに座っても)景色がよく見えるようにしたそうです。
今は庭に結婚式用の浅いプールが眼下にあって、もっぱら披露宴や挙式の時、上からの写真撮影に使う空間となっているそうです。ということで、こちらもツアーならではの見学スポットでした。 

(参考文献)


(今日のおまけ)
●松島屋(港区高輪1-5-25)
松島屋松島屋 ビラ
さんぽの途中でガイドさんが東京三大大福として有名な松島屋(ほか2店は護国寺群林堂、原宿瑞穂)へ寄ってくれました♪
松島屋は1918年創業の老舗で今月でちょうど今年で100周年! 
7/31-8/2の間、感謝を込めて大福が(?)100円になるそうです。
午前中に売り切れることも珍しくないそうですが、この日は暑かったためか?、まだ売っており、ツアー参加者もちらほら買っておりました。私は幸運にも当日、大福を頂く機会に恵まれまして、家族によいお土産が出来ました。大変おいしゅうございました。おご馳走様!!