FC2ブログ
下書きを書いたままUPするのを長らく忘れていた人形町。
とりあえずUPしましたが、その後、(個人的には不本意な)街の移ろいもあったりして多少情報の差異がありますがご了承ください(何か情報ありましたらお知らせクダサイ)。
--------------------------------------------------

今回は人形町交差点付近のみという、極めて狭い範囲をご紹介します。
それだけで成立してしまうのは、人形町に看板建築がとても多いから&飲食店が多いから、という証でもあります。

●みどりや靴店
みどりや靴店 全体

みどりや靴店 アップここはもう何年も閉まったままですね。人形町の交差点という、この上ない立地なのに空家のまま遊ばせているのが、なんとも謎です。まあ、日本和装のでっかい広告が出てるので、それだけで収入があるのかもしれません。持ち主は誰なのかな。。。
看板建築としては地味で上部に二代目帝国ホテルを思い出させるような意匠があるくらい。お隣は以前はメガネバスターというチェーン店でドン小西みたいなおじさんの絵が2階にどどーんと貼られていましたが、その後、リアットという、靴とかばんの修理店に変わり、前よりは建物の地肌が露出されております。

●COFFEE ロン
COFFEE ロン 全体

COFFEE ロン 2階リアットのお隣にあります。このお店だけ2階の上に半円形になっていますが、模様を見ると、みどりや靴店と同じデザインなので、みどりや靴店~リアット~ロンで一塊の建物ということが分かります。

お店のショーウィンドウにはたくさんの食品サンプルが置いてあって、見るだけでも結構楽しいです。
プリンアラモード¥700なんて、いかにも喫茶店っぽいし。

今まで通り過ぎるだけでしたが、今回初めて入ってみました。中は昭和ちっくな喫茶店。ご年配のマスターは蝶ネクタイが似合っています。
店内は赤を基調としており、シュガーポットも赤くてかわいらしい。
COFFEE ロン 店内1 COFFEE ロン 店内2

手渡されたメニューの表紙には、お店からのメッセージなるものが貼られてます。
「人形町で11代 天明元年(1780年)初代は馬具屋を営み、つづいて次に両替商そして唐物屋時代の流れと共に、COFFEE ロンになったのは昭和40年今から41年前です。
ロンの珈琲は英国皇室ご愛用の最高級豆ブルーマウンテンを使用したブレンド珈琲です。
41年変わらぬ味と香りをお楽しみ下さいませ。
又お食事はヨーロッパ風のポークカレー(650円)とロン特製のハンバーグ(850円)をお薦めいたします」

そうですか、そうですか。ではその珈琲とハンバーグを。珈琲は食後にお願いします。
程なくして供されたハンバーグセットはカップに入ったスープつき。付け合せはキャベツとマカロニ。
ハンバーグは丸いのが2個という、ちょっと珍しいスタイルですが。お味は・・・う? デミグラスソースは酸味があります。加えて、マカロニもなんか酸味がするだけ。ものすごーい薄いマヨネーズ味の酸味というか。スープは具沢山で味濃い目。
んー、なんか全体的に微妙・・・。これがイチオシというのはどんなものかと・・・。
COFFEE ロン ハンバーグ COFFEE ロン ブルマン

食後のブレンド珈琲は最初、苦味があて後は酸味。酸味がかなり強かったです。
コーヒーを飲むとき、自分は最初はブラック、次に砂糖、最後はミルクも入れちゃうという、ひつまぶしみたいな三段階をとることが多いんですが、ミルクまでいっても掻き消えない酸味でした。まろやかにならないまま、酸味とミルクが主張しあっててバランスが悪かったですね。これはブラックのまま飲むべきだったか。
COFFEE ロン サンプルふと、この酸味を愛しすぎて、あのハンバーグもマカロニも酸味が効いてたのかと想像してしまいました。

(店舗データ)
住所  :東京都中央区日本橋人形町1-19-6
営業時間:9:00~21:00
定休日 :日曜・祝日
TEL   :03-3664-0409

近代建築度 :★★☆
昭和レトロ感:★★★★
料理     :★★



●キリンヤ
キリンヤロンの向かいにある洋品店。こちらは近代建築ではないようですが、2階の窓脇の装飾が面白いです。
お隣は今、立替中で更地になっていますが、2012年4月くらいまであった、「カフェテラス・ワコー」が復活する予定です(工事が全然進んでない気がして心配ですが・・・)。
ホットケーキがおいしいお店はたくさんあると思いますが、ここのホットケーキはおそらく、日本で一番美しいフォルム。あの至福の形と焼き色を待ちわびている人も多いのではないでしょうか。
(追記)その後、どういう事情か、新しく出来たビルにワコーは入ることなくそのまま閉店となってしまいました。いまは「名代 富士そば」です。大きな交差点の角地ということでチェーン店には魅力的な立地なのでしょうが、チェーン店ばかりになると街の個性がなくなるのでちょっとがっかりです。

●QB HOUSE
交差点を明治座方向に進んだところにある、リーズナブルな床屋チェーン店。
4階建てだし、団地っぽい手すりなので近代建築ではなさそうですが、窓脇の4本の付け柱が妖しくいい感じ。
この右、3軒隣に老舗料亭「玄冶店 濱田家」が見えます。と言っても、大通りに面している訳ではなく、見えるのは背面。路地にある正面へ回り込めば、もうそこから別世界です。母の誕生日に大フンパツして招待したことがありますが、お祝いの時は予約時にその旨を伝えることが必須です! シャンパンをサービスしてくれました(笑)。
QB HOUSEのある通り QB HOUSE 3・4階部分


●洋食キラク(人形町2-6-6)
洋食キラク 洋食キラク メニュー
人形町には洋食四天王と呼ばれるお店があり、そのうちの一つ(ほかの3つは小春軒、来福亭、芳味亭)。
こちらも近代建築ではないのですが・・・かなり年季の入った建物です。
久しぶりにまじまじと見たら、とんねるずの番組の『きたな美味い店(きたなシュラン&きたなトラン)』コーナーで去年3つ星を取った表彰状が貼ってありました。ま~、確かに外観だけでなく中も狭くてボロいお店ですわ(失礼・・・)。
3つ星取ったのは、(角川書店や一澤帆布みたいな)お家騒動が起こった後の事のようですから、味は落ちてないということなのでしょうか。しばらく行ってないので分かりませんが、その騒動で主要の旧スタッフがここから分離して開店した「そよいち」が甘酒横丁方面にあります。
そちらのお店へ行くと、旧キラクの頃に見かけたどこの国籍か分からない(アフリカ系?)おじさんもご健在で、新しいけど懐かしい気がしてきます(笑)。

新生キラクもそよいちもビーフカツが名物。あとポークソテーがおいしいです。

●不動産 一誠
不動産 一誠  不動産 一誠 アップ
こちらは交差点を日本橋三越方面へ向かう通りにある不動産屋さん。2階のオーダーはドリス式に近いものの、看板建築にありがちな勝手な造りの柱(笑)。でもって、コーニスもありがち!ありがちな、まさしく勝手なラーメンなると模様。

お隣も装飾はありませんが、かなり古い建物です。長らくチケット屋でしたが、「じぱんぐ」という米粉を使ったパン屋&カフェ→「百姓一揆」という品のない真っ赤な居酒屋→「しまぎょうざ(沖縄餃子店)」→で、今回の撮影で気付いたら「南国屋台」に変わっていました(名前が変わっただけで中身は「しまぎょうざ」とほぼ同じのようです)。
・・・となかなか新陳代謝の激しい店舗、また変わるかもしれません。
(追記) その後、「南国屋台」も撤退(^_^;

ちなみにまたそのお隣の喫茶店、「かふぇ あっぷる(人形町3-4-13 )」はアールヌーボー調のドアガラスやランプ、ステンドグラス、木のカウンターなど、とっても良い雰囲気です。ちょっと値は張りますが、飲み物もケーキもおいしく、お客ごとに違うカップで出されるのも楽しみなお店。

堀留町のさんま全然関係ないんですが、帰り道、道路に焼いたさんまが落ちてました。
あ~~ビックリ。




(今日のおまけ)
日本橋 橋洗い不動産 一誠のある通りを交差点とは反対側へ5分ほど歩くと、日本橋に行き当たります。
毎年7月下旬には「日本橋 橋洗い」が行われ、2014年度は今日でした(例年11:00‐13:00頃)。
道路を通行止めにしてデッキブラシでゴシゴシ洗います。地元の商店街や会社のグループなどはお揃いのハッピを着て参加していて、それを見るのも面白いですよ。
なお、今年から新しい試みとして、8月2日(土)に形代(かたしろ)流しも行われるようです。
詳しくは→ http://nihonbashi-kita.jp/
スポンサーサイト
好きなTV番組と言ったら・・・「和風総本家」「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「美の巨人たち」。
あと、BSに移っちゃったけど「空から日本を見てみよう」・・・と、どうもテレビ東京系に偏っているあたくし。
そしてテレ東で忘れちゃいけないのが「孤独のグルメ」!!!

「孤独のグルメ」は、雑貨輸入商を営む独り身のおじさん(加えて下戸で甘党)が仕事の先々で外食をするというだけの、特にストーリーはないドラマなのですが、早いもので、もうシーズン3までいってます。
実在のお店で飲み食いするというのがこのドラマの売り(?)なのですが、この前、鶯谷の回で『もしかしてあの店、出てくるかな~』と思ってたら、本当に出てきたよ!! 喫茶DEN!!!
・・・という訳で、DENとその周辺のご紹介。

●喫茶DEN
喫茶DEN 外観 喫茶DEN 店内

DENは近代建築ではないですが、いかにも「昭和」ちっくで、レトロ喫茶マニアが好きそうな店構えです(喫煙可でタバコの匂いがスゴイ)。お客も半分は近所のおばさんだったり常連さんといった感じ。

しかし何気に有名店みたいです。私が行ったのは去年のはじめで、何かの雑誌でグラパンという、なんともフォトジェニックなメニューを知り、ちょいと食べてみたくなって訪れたのでした。
で、そのグラパンとは何ぞや、というと、食パン一斤の中身をくり貫いて、その穴にグラタン(て言うかシチュー?)を流し込んだもの。
上野~御徒町辺りで同じものを見かけたことがあるし、新川の辺りでは、亜流になります(?)が、一斤の上にアイスが乗ったものも食べたこともあって、意外と確立された一つのジャンルかも知れませぬ。

まあ、それはともかく、グラパンセット980円を注文。グラパンはエビかハムを選べ(昔はホタテも選べたみたい)、エビをチョイス。これに飲み物がついて、晴れて「セット」となる訳ですが、サラダとかは付いないので、ボリュームはすごいけど色合いは単調。味も悪くないけれど、とにかくこれだけをずっと食べるとなるとちょっと厳しい。パンの厚みが1.8cmくらい(食パン6枚切りと8枚切りの間くらい)で、それが四方と底にあるのだから。これだけで食パン5枚分。さらに両脇に中のくり貫いたパンが2切れ付けられており・・・。
私が外食で残すなんて滅多にないことだけど、食べきれず残しちゃいました。スミマセン。

グラパン進捗状況。
グラパン 最初グラパン 途中グラパン 終わりのほう
最初(食べる気マンマン)・・・・・・途中(ちょっと飽きてきたか?)・・・最後のほう( く、苦しい・・・)

ちなみに「孤独のグルメ」の主人公は奥の席でコーヒーフロート食べてました。こちらはフロートがソフトクリームで、さらにその上にコーンカップが乗せてあるもの。負けず劣らずのインパクト。

住所:東京都台東区根岸3-3-18 メゾン根岸(鶯谷) 1F
電話:03-3875-3009

●光陽楼
光陽楼 全体 光陽楼 アップ

今回、「鶯谷 近代建築さんぽ」というタイトルですが、実はそんなに見つけられなくてね・・・。
喫茶DENと筋違いのうぐいす通りに光陽楼という看板建築の大衆中華のお店を見つけたのですが、どうも現在は営業していないみたいでした。看板の意匠もそれほど凝ったものではなく・・・。

●齋藤理容館 
齋藤理容館 全体
ほか、辛うじてレトロ感があったのが、齋藤理容館。創業1908年とありますから、なかなかの老舗です。
建物は袋戸があるのと簡素ながらモダンな平面の組み合わせが目に付きます。

齋藤理容館 アップ
住所:東京都台東区下谷1-5-7 
電話:03-3841-1298

(今日のおまけ)
孤独のグルメ Season3 DVD-BOX孤独のグルメ Season3 DVD-BOX
(2013/12/04)
松重豊

商品詳細を見る
「孤独のグルメ」は漫画が原作なのですが、ドラマ本編のあとに原作者の久住昌之氏がお店を訪れ、飲み食いするコーナーが付いてます。
最初の頃はそうじゃなかったと思うのだけど、今ではすっかり毎回毎回、ビールだ日本酒だワインだと必ず飲んでますよ。それがまた、いかにもうまそうに飲むこと。飲むこと。
ただの酔っ払いのおっちゃんって感じですが、もう、注文する時からして、とってもとってもうれしそう。
『一応仕事なのにそんなんでいいのか~』と思いつつも、あんな喜びの瞬間を持っているのが、下戸の私としては心底うらやましい。。。
そんな「孤独のグルメ」、いよいよ明日、シーズン3最終回! 
三菱1号館美術館 全体
最近話題のドラマ「半沢直樹」を見ていたら、半沢と渡真利が白水銀行の油山と会うシーンで、Cafe 1894 が使われていました。
東京は丸の内、三菱1号館美術館内にあるカフェなのですが、もともとは銀行の営業室だった所なわけで、銀行員が落ち合う場面としてはある意味ピッタリ。 
ほんの1分くらいのシーンでしたが、同じくロケ地になった大阪のヒルトンプラザホール・グランカフェなどは半沢効果でお客が1割ほど増えたのだとか。もしかして、ここもお客が増えるかも?
あ、でも、ここのカフェ、普段からいつも混んでますわ。

三菱1号館美術館 店全体
照明も復元。上部が水平なのは、かつてはガス灯であったため。熱を逃がす形になっている

三菱1号館は明治27年に竣工しましたが、昭和43年に取り壊してしまいました。今あるものは平成21年に復元されたレプリカです。
2年ほど前、近代建築写真の第一人者である増田彰久氏の解説で三菱1号館を見てまわる講座に参加した時に伺った話では、藤森照信先生のそのまた先生である村松貞次郎教授はその当時、「三菱はバカだよ! お金あるんだから、これくらいのもの残しておけばいいのに」とひどく怒っていたそうです。
確かに、一度壊したものを莫大な費用をかけてまた立て直すくらいなら、最初っから残しておきゃあ良かったのにね、と思わんでもない・・・・。
しかも、がんばって復元したのに、できあがったほやほやの頃はテーマパークの安っぽい建物みたいに見えちゃってました。復元した側からすると、科学的に昔の煉瓦を分析したらこういう色だったそうで、取り壊す最後の姿を見ていた時は煉瓦が80年くらいたった色を見てたことになる。だからあと80年とか100年たったら、記録に残っているような、あるいは記憶に残っているような重厚な建物になる、とのことだけど・・・80年後はさすがに生きてないから確かめようがないですわ。
まあ、復元されて4年たった今の時点では、少し落ち着いてきたというか、汚れてきたというか(笑)。
なお、当然、壊した当時はまさか復元するなんて思ってもいなくて、図面は残っているけど、スレートの張り方といった細かい事までは分からない。そこで、ディティールもたくさん撮っていた増田さんに写真を借りにきた、なんてこともあったそうです。

三菱1号館美術館 店の扉三菱1号館美術館 持ち送り
三菱1号館美術館 柱頭三菱1号館美術館 店の外
柱頭は3人の彫刻家が半年かけて製作

旧銀行営業室については唯一、明治当初の内観写真が残っていたため、この写真(ウィキペディアで見ることができます)を根拠に照明・カウンター・回廊などのサイズを決めたそう。

三菱1号館美術館 デザートセットカフェではチョコレートのテリーヌと紅茶を頂きました。セットで1150円。
全体的にやや高めなのは場所代というか雰囲気代というか。
味も悪くないけど、やっぱり、あの高い天井、伸びやかな円柱、優美な持ち送り、木製の格天井などなど・・・圧倒的に雰囲気がチャームポイントのカフェです。



三菱1号館美術館 格天井
窓ガラスはオリジナル解体時に保存されていた部分の再利用

ちなみに、格天井(木製。床は松のフローリングとのことで、天井も多分、松)は地震の影響を考えて使用されたと下記参考文献に書いてありましたが、どういう影響なのか??? 上から煉瓦が落ちてこないように、とか?

(店舗データ)
●Cafe 1894(カフェイチハチキュウヨン)
住所    :東京都千代田区丸の内2-6-2 三菱一号館美術館
営業時間:月~木・土・日・祝日・11:00~23:30(L.O.23:00) 金・11:00~翌2:00(L.O.1:30)
定休日  :不定休日あり(丸の内ブリックスクエアに準ずる)
TEL     :03-3212-7156

(参考文献)
一丁倫敦と丸の内スタイル―三菱一号館からはじまる丸の内の歴史と文化一丁倫敦と丸の内スタイル―三菱一号館からはじまる丸の内の歴史と文化
(2009/09/09)
岡本 哲史

商品詳細を見る


三井本館(今日のおまけ)
「半沢直樹」第6話に出てきた近代建築は、Cafe 1894のほか、会議シーンで神保町の学士会館。
あと、東京中央銀行の本店という設定で外観は日本橋の三井本館、階段ホールとして、東京国立博物館が出てきます。
本店外観では立派な建物の柱に、ででーんと「東京中央銀行」という文字が見えます。なんの違和感もないけど、これCGでしょうね。あと、ドラマでは建物の上にCGでビルものってます。
でも、いつ見ても影の向きがいっしょな気がする。多分、朝撮るんだろうな~なんて思いながら見てます。
アトリウム 01

東京ステーションホテルに宿泊した翌朝は、宿泊者限定の「アトリウム」で朝食です。再開業記念として10月いっぱいの宿泊者は朝食が無料となっています(通常は3000円くらいのようです)。

アトリウム 05
アトリウムは建物の中央、とんがり屋根の部分に位置します。
かつては屋根裏で物置にしていたそうです。
外からも見える、丸窓の部分のレンガがむき出しになっており、大正時代の建物が偲ばれる数少ない場所となっています。なお、中央に見える鉄骨は別の場所のを取り付けたそう。

アトリウム 03
丸窓の表側は戦後、時計がつけてありましたが、今回の復原になって取り外したそうです。

朝食はビュッフェスタイルで、洋食・和食が数多く取り揃えてあります。洋食はフレンチのコックが手がけており、並んでいる料理もイベリコ豚のコロッケとか、なんだかちょっと贅沢な朝食です。
前日のフレンチのメニューにあった有機栽培のオレンジジュースやグレープフルーツジュースもありました。夜頼んだら1200円するものです(笑)。

アトリウム朝食 02アトリウム朝食 01

営業時間は6時半から10時半まで。朝イチから混むのかと思いきや、7時半くらいまでは4割くらいしか埋まっておらず、ゆったり食べることができました。

アトリウム朝食 03アトリウム朝食 04アトリウム朝食 05アトリウム朝食 08

アトリウム朝食 07アトリウム朝食 06
今回は鳥越二丁目の交差点からスタートです。

●お袋の味 みちしるべ
お袋の味 みちしるべ 全体

「一新亭」に行く時に見かけたお店。いい感じの看板建築だったので、検診の帰り、お昼ごはんも兼ねて寄ってみました。窓の上に星型の装飾と角にバッテン模様。
お袋の味 みちしるべ ★型 お袋の味 みちしるべ 角

こちらは定食屋さんでカウンターのみっぽいです。
前回見たときは13時前に既に店が閉まっていました(早っっ)。
夜も営業してないことからすると、自前の建物で営業してるのでしょうね。

出入り口のすぐ脇に、お弁当売り場の窓口があったので、あまりおなかが減っていなかったこともあり、お弁当を買って帰りました。
お袋の味 みちしるべ メニュー
メニューは写真の通り(画像クリックすると大きくなります)。
なんとなく、白身フライ(コロッケ入り)を選びましたが・・・これが後でビックリな事態に。

お弁当は注文してから詰めてくれます。待ってる間、窓口から見える店内を見ていましたが、中は普通の古い建物っぽく、そのヘンは外が近代建築っぽくなくて中の天井がすごい「一新亭」と対照的ですね。

待つこと3分・・・あ?あれ? なんか、異様に容器が多い気が・・・。よくあるお弁当の容器以外にお味噌汁、くらいならまだ分かりますが、ほかにパックが3つも入ってる。ほかに注文客もいなかったので間違いとも思えず、そのまま家にもって帰りましたが・・・家に帰ってまたビックリ。袋にフライが突き刺さって破れてました(^_^; 

お袋の味 みちしるべ お弁当中身はフライ2つ(コロッケがない・・・)に香辛料の効いた煮物、漬物、ごはん。これに別パックのひじきと小松菜のおひたし、マカロニサラダ、お味噌汁がついてます。
うーむ。確かに1つでは入りきらない量ではあるんですけど、漬物のスペースはスカスカだったりでなんかアンバランスな気も。
HPをみたら、「しっかり出汁をとって作った自家製の味噌汁と一品付(きんぴら、マカロニサラダ、豆腐等)です。」・・・って、一品どころか三品ついているのは、おまけだったのかしら。その一方でお味噌汁は油揚げしか入ってなくてなんか寂しい具だったし・・・。
ひじきはおいしかったです。あとは普通かな。。。

お袋の味 みちしるべ 右側(店舗データ)
●お袋の味 みちしるべ 
住所  :東京都台東区浅草橋3丁目34-7
営業時間:11時‐12時30分頃まで(売り切れ次第終了)
定休日 :土曜、日曜、祝日
TEL   :03-3863-6860

近代建築度:★★☆
ボリューム :★★★★★
料理     :★★★



●浅草橋3丁目と5丁目をはさむ通り
鳥越二丁目ののある交差点からJR総武線方面への道には結構、近代建築が残っています。
「みちしるべ」側に残る3つ続くアーチの建物は意匠が全部、剥がれ落ちて(?)しまってます。
三連アーチ 全体 三連アーチ アップ

浅草橋5丁目27の建物 全体 その斜め反対側(浅草橋5丁目)にも地味ながら装飾されている建物が。

浅草橋5丁目27の建物 アップ


●つるの湯 
つるの湯 全体

そのまま5丁目を秋葉原よりに入っていくと見えるのが「つるの湯」。なんか、その青い壁、「どうよ?!」
ってくらい品なく目立ってますが、唐破風が立派です。その妻飾りである懸魚(げぎょ)が太った鶴で
かわいらしい(笑)。さらにその上にも鶴一羽。楽しい銭湯でした。
つるの湯 懸魚 つるの湯 つる

つるの湯 松の型の窓壁には松の型の窓。

つるの湯
場所 :台東区浅草橋5-27-2
営業時間:15:30-24:00 
定休日 :土曜

●めんや来吉
元の道へ戻り、またJR総武線方面へ進むと、近代建築はなくなって、さらに古そうな古民家がありました。珍しく長い造りの古民家の一部はめんや来吉(浅草橋5-1-32 )というラーメン屋になっています。
めんや来吉 全体 めんや来吉 アップ

めんや来吉 反対側
反対側には銅板の装飾がちょっとある古民家。