FC2ブログ
佐倉市立美術館チラシ1

千葉県佐倉市立美術館でただいま矢部又吉の展覧会が開催中。現在の美術館のエントランスホールが彼の設計の旧川崎銀行佐倉支店であり、ちょうど100年前に建てられたものであることを記念して今回の展覧となったようです(ちょうど矢部又吉の生誕130周年でもあります)。

佐倉市立美術館 全体

佐倉市立美術館 ホール佐倉市立美術館 天井

矢部又吉的ポイントは
・妻木頼黄に師事し、工手学校(現・工学院大学)建築科卒業。
・父親の矢部國太郎は建築請負業で師匠も学んだドイツに留学後、父と建築事務所を開設。
・川崎財閥に気に入れて川崎銀行の建物を多く手掛ける。

矢部又吉というとちょっとマイナーで、それで「知られざる」とついているのだと思いますが、実際の建物名を挙げられると今まで見たことのある建物も多く、意外と身近。現在、ガラス製品で有名なハリオの本社も彼の手掛けた元・川崎貯蓄銀行富沢町支店。一般公開させていませんが、TVの散歩番組などでも割とよく紹介されています。
ハリオ本社

川崎銀行との繋がりが深く(その縁で川崎財閥の重役の娘さんと結婚している!)、こぶりでしっかりした建物建築を多く手掛けたことが現在も残っている要因でしょうか。

変わった特色としては、変則的に残っているものが結構あること。
1.川崎銀行本店→一部は明治村で展示、一部がもとの場所(現:スターツ日本橋ビルで高島屋のウォッチ館)で部分的な資材を組み直し(再構成の際に比率がおかしくなっている)。
スターツビル

2.川崎第百銀行横浜支店→2004年大和ハウスの21階建てマンションとなり取り壊されたものの、銀行の外装は再現
3.川崎銀行横浜支店→現:損保ジャパン日本興亜横浜馬車道ビルに1989年建て替えの際、ファサード2面のみ組み直し。なお、損保ジャパン日本興亜はもとをたどれば日本火災保険でありこれを設立したのは川崎財閥。
4.ストロング商会→現:ダイワロイネットホテル横浜公園に2009年建て替えの際、外観再現

建築関係の展覧会というとどうしても写真と設計図が中心になってしまい、平面的になってしまいますが、今回は模型はもちろん、本人がデザインした島薗邸の机や泰明商会の机や椅子なども展示。また、ストロング商会のように建て替えによって出た部材などの展示もありました。
佐倉市立美術館チラシ2

写真の展示で強く印象に残ったのは、旧川崎財閥の別荘群。葉山・湯ヶ原・那須の別邸(すべて皇室の御用邸がある土地です。その関係で周辺にどこの馬の骨とも分からぬものに土地は売らず、政治家や財閥などだけが買えた模様)は今でも現存&川崎家の持ち物のため一般公開はされていないようです。
戦時中の統合で銀行がなくなったり、戦後の財閥解体で財閥自体はなくなったりと、経済の表舞台からは消えたものの、不動産は、なお膨大に持っていたことから「川崎定徳」という資産管理会社として現在も存続。
それでいまも葉山のような素敵な洋館を維持できるのでしょうか。

もう一つ印象に残ったのは、矢部建築事務所のドラフトマン(基本設計をまとめる設計者と区別し、図面引き作業が専門で、おもに基本設計以降の各種詳細図などを書く人)内田進の作図の文字。このままフォントにしたらいいんじゃないかと思うほど。大正モダンとかファンタジー系の表紙などにピッタリなおしゃれな感じ。

(参考文献) 知られざるドイツ建築の継承者-矢部又吉と佐倉の近代建築 図録

(今日のおまけ)
2019年1月24日に佐原で川崎銀行に関するフォーラムが開催されます(クリックすると大きくなります)。
銀行統制の時代1銀行統制の時代2
スポンサーサイト
奈良3
奈良2
奈良1

本日からクラウドファンディングのミュージックセキュリティーズで「旧奈良監獄プロジェクト」の募集が開始されました。一口5000円。通常の案件ですと分配金がありますが、こちらは寄付型で配当はありません。
ただし、支援して頂いた方を対象とした特別見学会等を開催予定とのこと。
私はもともとミュージックセキュリティーズに登録していて、これまでの支払い留保金があったので、早速一口申し込んでみました。
奈良は遠いので見学会に行けるかどうかは怪しいですが、まあ寄付もいいかなと。
募集期間は100日あるので今から開設しても応募には間に合いそうですよ!
旧奈良監獄プロジェクト https://www.securite.jp/narakangoku/?mail=R20181123

奈良4
奈良5
奈良6
奈良7
奈良監獄オフィシャルサイト http://former-nara-prison.com/ 
伝道院と伊東忠太展ハガキ

京都にちょっとだけいた頃、何度か前を通っていたはずの西本願寺・伝道院ですが、この10年間、修理のためシートに囲われていたそうです(そういう記憶はあんまりない・・・)。
そして、晴れて昨年春、修復完了。今は本館隣の建物はなくなってしまったようですが、本館自体は目立った改修はされず、結構原型をとどめている模様。

この展覧会では、伝道院の外部&内部写真、修復方法の紹介、図面&模型、実物資料の公開のほか、これを設計した伊東忠太のほかの現存建築作品もあわせて紹介されていました。

彼が伝道院や築地本願寺を手がけることとなったきっかけとしては、建築学研究の世界旅行(1902年・明治35~1905年・明治38年)の際、大谷探検隊(西本願寺・法主であもあり探検家でもあった大谷光瑞が率いた探検隊)のメンバーと出会ったことによってツテができ、帰国後、設計を任されたようです。

展覧会では関西で放映された毎日放送「美の京都遺産」の伝道院の回が流されていて、それによれば大谷光瑞は日本式の佛寺建築を不便だと感じていて、機会があったら印度式の寺を造って、その不便さを解消してみたいと思っていたようです。伝道院や築地本願寺がイスラム風だったりインド風だったろするのは、伊東忠太がその意を汲んだということなのでしょうか。

●甦った西本願寺「伝道院」と伊東忠太展―新しい日本の様式建築をめざして―
会期   :2012年3月2日(金)~ 2012年4月26日(木)
会場   :Gallery A4 ( ギャラリーエークワッド)
      〒136-0075 東京都江東区新砂1 丁目1-1 竹中工務店東京本店1F
開館時間:10:00 ~18:00(最終日は17:00 まで)
休館日  :土曜日・日曜日・祝日 
入場料  :無料

東京はもう終わってて申し訳ありませんが、6月から大阪で見られます。大阪だと無料じゃないんだね・・・。
●大阪くらしの今昔館
会期  :2012年6月9日(土)~7月8日(日)
会場  :大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)
入場料:企画展のみ300円 企画展+常設展 一般800円/高大生500円


モンシェール(今日のおまけ)
伊東忠太展の最寄り駅は東陽町でして、普段は全く行かない所(免許の更新のときに行くくらい)。
せっかくなので、少し歩いてモンシェール・ミホ 東陽町工場へ行ってきました。ここはTVでも結構取り上げられたりしてて有名なデニッシュ食パンの工場。工場と言っても、町中の事務所?くらいの大きさの所(でも24時間稼動)。
直売もしており、予約無しで買えるプレーン2斤で900円。高いでしょ。チョコ・メープル・カスタード・マロンetc....などプレーン以外は余裕をもっての予約が必要(運が良ければ予約なしでも買えるらしい)。しかも1.5斤で1000円前後とさらにお高くなりまする。
今回は残念ながらプレーンしか売ってなくて、素直にそれを買いました。
バターとマーガリンたっぷりの、ほんのり甘い、デニッシュの王道を行く味。値段とカロリーさえ気にならなきゃ、いくらでも食べたい気分です(笑)。
食べてて、『ミヤビ 品川工場売店で買ったデニッシュも似たような感じだったなー』と思ったら、どうやらこの二つ、ルーツは同じ店のようです。
ミヤビへは天王洲銀河劇場に行った時のついでに買いに行きましたが、こちらも滅多に行かない場所なので、当分縁がなさそう。が、モンシェールは実は銀座でも買えます。5時過ぎに博品館の裏にちんまい屋台が出現するのです(売り切れ次第終了)。
なんかロールプレイングゲームの隠れショップみたい・・・。

●モンシェール・ミホ 東陽町工場
住所  :東京都江東区東陽5-24-10
電話  :03-3615-5811
営業時間:24時間・年中無休
昨年末から2月いっぱいまで、アートナビゲーターとして、とあるアートプロジェクトのお手伝いをしておりました。
今はまだ他言できないのですけど、何年か先、実際に稼動したらとても便利だろうな。。。というものなので、その暁にはここでもご紹介したいと思います。
・・・で、その流れで美術検定実行委員会事務局さんから頂いたのが、こちらの今和次郎展の招待券でした。もともと行こうと思っていたので、「や~、タダで行けてうれしいなあ」という感じでしたが、ご紹介はまたぎりぎりになってしまいました。。。

今和次郎展 チラシ表 今和次郎展 チラシ裏

今和次郎というと、考現学の創始者として知られていますが、人物紹介も展示の内容紹介も、ここではばっさりカット(^_^;
近頃、白金甚夢迎賓館に行ってきたばかりの身としては、やはり注目は中盤に展示されていた旧渡辺甚吉邸の椅子やカトラリーです。
椅子の背には船のデザインがあしらってありなかなか立派。
なぜ椅子の所蔵元が東京や岐阜の渡辺家ではなく、早稲田大学?という素朴な疑問はあるものの、その経緯は不明。今和次郎は早大の教授で、渡辺家からの請負についても研究室で夜に作業をしていたそうなので、それで椅子も残っていたりしたのでしょうか。
カトラリーの方は、その模型(工程:スケッチ→朴の木のモデル→石膏モデル→鉛モデル→実物)なので、渡辺家にあるよりも大学にあるほうが自然ですが。

なお、彼の手がけた渡辺邸のデザインは内装・カトラリーにとどまらず、食器類にまで及びました。
そちらはさすがに大学ではなく岐阜の渡辺家に保管されているようですが、大倉陶園に発注され、一皿一皿に渡辺甚吉のイニシャル「J・W」が刻印されました。300点近くにのぼる食器類の中には、長良川の鵜飼にちなんだ鮎のデザインのものも。

ほかの展示として、近代建築好きには、震災後、今和次郎たちが結成した「バラック装飾社」の手がけたバラックの写真展示(カフェ・キリン、東條書店ほか)などもおもしろそうです。

(関連記事)  ●白金甚夢迎賓館(港区白金台)

(見学データ) ●今和次郎 採集講義展
会場  :パナソニック電工汐留ミュージアム 
期間  :2012年1月14日(土)~3月25日(日)
時間  :午前10時より午後6時まで(入館は17時半まで)
休館日:月曜日
入館料:一般:500円、大学・高校生:300円、中・小学生:200円、65歳以上:400円

美華園の担担麺(今日のおまけ)
汐留ミュージアムの最寄り駅・新橋駅の地下街「ウィング新橋」には担担麺で有名なお店「美華園 新橋店」があります。場所が分かりにくいのですが、JR汐留口の改札近くの地下街1号の入口入って割合すぐのところ。
担担麺は1100円。ミニライスは無料でつけられます。
スープはかなり白く、見ただけでもかなりクリーミー。実際クリーミー。しかし、個人的に気に入っているのはむしろ、その大量の白ゴマを使ったスープよりも、自家製の味噌で作るというミンチ。甘辛くて絶品ざます。
しかし、絶品担担麺以上に強烈に記憶に残ったのは、日曜の夕方、偶然居合わせた一人客です。
20代半ばくらいの長髪のきれいそうなおねーさん(人の顔はあまり見ないもんでよく分かりませんが・・・)。
ツカツカと躊躇なく入店し、わき目もふらず「担担麺と白ワイン」と即注文。慣れていらっしゃる。
・・・が、それってどうなの!? 担担麺と白ワインって合うの??マリアージュするの?!?!
下戸に近い私には合うのやら合わないのやら、よく分かりませんが、あのおねーさん、相当インパクトありました。

●美華園 新橋店
住所   :東京都港区新橋2丁目東口地下街1号 ウィング新橋
TEL    :03-3575-1060
定休日  :無休
営業時間 :11:00~22:00(L.O.21:30)
矢来能楽堂に行くついでに、前からずっと行ってみたかった東京理科大学近代科学資料館にちょっと寄ってみました。

●東京理科大学近代科学資料館
近代科学資料館 復元
近代科学資料館は近代建築ではなく、復元建築です。明治39年に建設された東京物理学校の木造校舎を復元した物で、故二村富久氏(二村化学工業の創業者で東京物理学校理化学部の卒業生)の御寄付により、東京理科大学創立110周年を記念して平成3年11月に建設されました。
もとが明治の終わりのものということで、いかにも擬洋風建築っぽく、オーダーや持ち送りなんかはあるけど、屋根は日本瓦。

近代科学資料館 オリジナル 近代科学資料館 オーダー

近代科学資料館 案内中は1階が常設展で、そろばんや電卓、パソコンなどが展示されています。なつかしの国民機PC-9801なんかも! うちの実家にもまだあるよ!(親が捨てろとうるさいが・・・)。
2階は去年から展示室になったようで、特別展のほか、東京物理学校の備品なども展示。
まあ、地味~な資料館ですが、無料ですし、椅子もトイレもあったので、ひと休憩するにはいいかもしれません。

(見学データ)
住所    :東京都新宿区神楽坂 1-3
開館時間:10:00~16:00
開館日  :火曜~土曜
入館料  :無料

●アユミギャラリー(旧高橋建築事務所社屋) 
近代科学資料館から矢来能楽堂は意外と遠くて、20分くらいかかっちゃいました。
その途中で見つけたのが、こちら。
東西線神楽坂駅のすぐ近く、コンビニの隣にある洋館です。ちょうど、能楽堂でもらった「九皐」という会報にも紹介されておりまして、昨年登録有形文化財になったようです。
竣工は1953年と、近代建築ではありませんでしたが、なかなか趣のある洋館でした。
今は貸しギャラリーになっていて、催しがある時には中に入れます。

アユミギャラリー

(見学データ)
竣工 :1953年(1993年改修)
所在地:東京都新宿区矢来町114
設計 :高橋博(改修設計:鈴木喜一建築計画工房)
施工 :直営
構造 :木造二階建て
備考 :平成23年3月18日登録有形文化財


小鍛冶(今日のおまけ)
矢来能楽堂で、初心者向けの「能楽のススメ。」があったので見てきました。
能全般と今日の演目の解説と楽器の解説、着付の解説、公演(狂言はなし)がワンセットになったもの。解説に90分かけているのですが、お話がおもしろく、長いという気はしませんでした。それに解説を聞いた後に見ると、自分みたいな永遠の初心者には分かりやすくて良かったです。
シテを演じた小島英明さんはまだ40代の方で、狐を演じた時の敏捷さが小気味よく、さすが若いなあ・・・とヘンなところで感心してしまいました。

演目の登場人物である三条小鍛冶宗近という人は実在の人で、国宝「三日月宗近」は東京国立博物館に展示されているくらいの名刀鍛冶でした。あと、祇園祭で必ず先頭を切る長刀鉾の大長刀もこの人の作なんだとか。祇園祭はここ5年くらい毎年見に行っているので、なんだか急に身近に感じられました。