FC2ブログ
佐倉高校 正面
千葉県立佐倉高等学校記念館が年に一度の内部公開日ということで行って来ました。

佐倉高校 斜め
こちらの高校は前身を遡ると大変歴史のある学校で、このブログでも紹介することのある伊東忠太の出身校(当時の名は鹿山精舎。のちに鹿山中学校と改称。在学:明治12年~14年)でもあります。

佐倉高校 玄関佐倉高校 校舎
近年では長嶋茂雄さんや藤木直人さんの出身校としても知られています。

佐倉高校 左佐倉高校 2階作法室から

佐倉高校 堀田銅像前庭に最後の佐倉藩主・堀田正倫(まさとも)の像があります。正倫は佐倉高校・・・というよりも近代佐倉の発展を語る上で欠かせない人物で、私財を投じて農事試験場を作ったり、佐倉中(現佐倉高校)に寄付をしました。
当時の中学校は手狭だったものの、移転する資金がないということで堀田家から校舎建設資金4万円、敷地購入費2千円が寄付されたそうです。

建てたのは当時・千葉県技師であった久野節(くのみさお)と後藤政ニ郎。久野は後に鉄道省初代建築課長となった人で他に現存する建物としては高島屋大阪店や東武浅草駅、そして蒲郡クラシックホテルなどがあります。

佐倉高校 受付佐倉高校 覆輪目地
煉瓦部分の目地は東京駅でも見られる、高度な技術を要する覆輪目地になっています。

佐倉高校 階段佐倉高校 廊下
佐倉高校 作法室佐倉高校 作法室から
建物は現役で応接室や自習室もありました。作法室などもあって内部の全体の雰囲気は以前見学した旧千葉県立安房南高等学校木造校舎に似ています。

佐倉高校 応接室佐倉高校 教師の机
応接室には旧館で使われていた教師の机や修復前のスレート瓦(雄勝産)など展示。
楕円を縦に配したモダンな照明が印象的。

佐倉高校 記念 (建築データ)
 竣工:1910年(明治43年)
 所在地:千葉県佐倉市鍋山町18
 設計:久野節・後藤政ニ郎
 構造:木造2階建て
 備考:国登録有形文化財





全農佐倉(今日のおまけ)
高校から15分?くらい歩いた所にあるバットレスのようなものが着いた建物。上げ下げ窓があることからかなり古いものと思われます。

(参考文献)
スポンサーサイト
門
※今年は曇りだったので去年の写真を中心に掲載しています(太鼓のは今年の)。

門 左
年に一度の千葉刑務所矯正展へ行って来ました。ここ何年かよく行っているのですが、今年はレイアウトが大きく変わり、中庭は飲食系の出店や雑貨&ワークショップ、門の外に矯正展の物品が売っていました。塀沿いの花・野菜・古着などの販売は例年と同じでした。

門 右
たぶん来年は来ないかもしれないと思ってちょっとがんばり開場時間の9時半に行ってみたのですが、(買い物ではなく)刑務所見学の列は既にかなり並んでいて、この時間帯ではもらえる整理券は1時以降のものだったようです。午前中の見学希望の場合、かなり早い時間に並ばないと難しそう。

門
門
こちらの建物は1907年(明治40年)に竣工。明治の五大監獄(千葉・金沢・奈良・長崎・鹿児島)で唯一現役の刑務所です。
と言っても現存は門と本館のみ。藤森先生の『建築探偵東奔西走』には事務棟の写真も載っていましたが、この30年で失われたようです。

本館 全体
・当初監獄は寒川片町にあったが、湿度や潮風で監獄に病気が蔓延しやすかったため、台地で乾燥した現在の貝塚町へ移転された。

本館 中央
・設計者の山下啓次郎は明治35年、司法省の営繕課長に就任し、監獄建築視察のためヨーロッパへ

本館 サイド
・明治24年から工事が始められ、当初は29年に完成予定だったが、日露戦争の影響もあって工期が遅れ、明治40年の完成となった。

塔
五大監獄はどれも立派な造りだったようです(長崎・鹿児島は正門のみ現存)が、その背景には治外法権(とりわけ治外法権)の撤廃に向けた目論見があったようです。
藤森先生曰く「監獄が文明度の物差しだった」そう。以前、林修先生の『初耳学』で奈良刑務所が取り上げられた時にもちょうど同じことを言及していました。
幕末に結んだ不平等条約を早く撤廃するには日本が欧米の国々と対等なレベルであるとアピールしなければならなかった訳で、そのうち有名なものが(失敗だったけれど)鹿鳴館だったりしますが、どうやら対等基準の一つにあげられるものとして監獄があったようです。
当時の日本の監獄と言えば木造で冬などめちゃくちゃ寒く、火事のときは身の危険もある人権無視ムシ施設でした。これを西洋の建築で立派に造り防寒や採光・風通しなど囚人の生活に配慮した文化レベルの高いものにすることで「法治国家」日本をアピールそうです。

側面
ちなみにこの時の初耳クイズは「監獄をオシャレにしたことで犯罪が激減した」のは何故か、というかなり分かりにくい出題した。答えとしては、従来の日本の監獄ではひどすぎて、こんなところに自国の民を入れるのは許せん!→だから治外法権は撤廃できない→いつまでたっても犯罪を犯す外国人を取り締まれない→なら立派でオシャレな監獄を造ってやる!→(その効果もあってか)治外法権が撤廃されて外国人も逮捕できるようになった→外国人のやりたい放題の犯罪が減った・・・ということなんでしょうか。
林先生はこの問題、残念ながら初耳だったのですが、さすがただじゃ起きない男、「構造的にはパノプティコンを思い出させる」と聞いたこともない単語でみなを煙に巻いていました。
なお、パノプティコンとは一望監視施設。千葉ではもう残っていない放射線状の獄舎が奈良には残っていて、2階の中央看守所からだと第一寮~第五寮すべてを見渡せて受刑者を見張るのに適した構造だそうです。

通気口
たくさんの施設が残っている奈良刑務所は2017年3月で刑務所としての役目を終え、2020年にホテルとしてオープン予定です。

●関連文献


●今日のおまけ
五大監獄に関して有名なここと言えば、すべての設計を手掛けた山下啓次郎はジャズピアニスト・山下洋輔のおじいさんだということ。その祖父や鹿児島刑務所のことを記した『ドバラダ門』という著書が面白いそうなので機会を見つけて読みたいと思います。
意富比(おおひ)神社 境内 年末に掃除をしていた時に出て
 きた新聞の切り抜きに、意富比神 
 社の灯明台は正月三が日だけ公開(午前9時~午後4時)とあったの
 で、今年の初詣は意富比神社へ。
 2日に行きましたが、ものすごい 
 列が出来ていてビックリ。
 参道が細いため人の流れが良くな 
 いようで、結局お参りするのに  
 20分以上並びました。




無事、参拝した後はいよいよ右脇にある灯明台見学へ。
意富比神社の灯明台 全体
現在はすっかり発展して海の存在を感じさせませんが、江戸時代、船橋沿岸の船はこちらの神社の常夜灯を頼りにしていたそう。
それが明治元年の戊辰戦争で旧幕府軍の拠点となったことで、常夜灯どころか、境内は全て消失。その後、地元漁師らの寄付金で明治13年に今の灯明台が再建されたのだとか。

意富比神社の灯明台 入口
入ってすぐ右にある階段はもはや階段ではなくハシゴ状態の急な傾斜。

意富比神社の灯明台 1階
いわゆる擬洋風建築で、しかも洋風っぽいのは塔屋のみに限られる。1、2階は畳敷きの和風。

意富比神社の灯明台 1階ポスター
部屋に貼られた昭和56年のポスター。この年にオープンしたそごうも今はない。

意富比神社の灯明台 2階
2階は台形。天井が低く圧迫感あり。

意富比神社の灯明台 2階窓
昭和以降の埋め立てで海は見えない。

意富比神社の灯明台 塔室
3階の灯室は六角形。明治28年までの15年間、政府公認の私設灯台として活躍。

意富比神社の灯明台 全体

標高27mの丘の上にあり、浅間神社のあった場所に建てられたので「浅間山灯明台」と呼ばれていた。

意富比神社の灯明台 アップ
光源は石油ランプ3基に錫製の反射板を組み合わせ、光の到達距離は約6海里(約11km)あり、その当時の最新式の設備であったという。


(今日のおまけ) ●今井写真館 
今井写真館
京成電鉄・大神宮下駅を出た通りにある写真館。
なかなか立派な風情ですが、店にあった説明板によると昭和62年の改装で今の店舗になったということは全然近代建築でない?
お店自体は大正6年(1917年)創業。今年で101年の歴史ある写真館で神社の結婚式の撮影も担当されているようです。
今井写真館 説明

今井写真館 2階
千葉市主催の戦跡めぐりウオーキングに参加してきました。
市内には多くの軍事施設が集積していたことから、戦跡が今でも点在しているそうです。

●生涯学習センター 千葉空襲写真パネル展 
千葉空襲写真パネル展1 千葉空襲写真パネル展2
千葉市への空襲は数回ありましたが、米軍が行った昭和20年6月10日と7月7日の空襲で千葉の市街地の約7割が焼失したそうです。
現在の市街地を歩いていると近代建築がほとんどないのはそのためなのでしょうか。
パネル展では戦前の建物の写真も何点かありました。

●千葉公園 鉄道第一聯隊作業場跡
千葉公園・戦跡マップ
千葉公園とその周辺は、明治41年に設置された鉄道連隊の演習場跡で、公園内にはその名残がいくつか残っています。

荒木山 (荒木山)

 現在、荒木山と呼ばれる小高い丘は、連隊のラッ
 パ手の訓練が行われたため、ラッパ山と呼ばれて
 いましたが、満州事変があったときに、敵が特攻
 車(?)という車 両を線路上から突っ込んで
 くるのを阻止すべく脱線させた際に命を落とした
 荒木中尉(死後大尉)を悼むため鉄道第一聯隊が
 銅像を建立してからは今の名前になったそうで
 す。
 なお、銅像が戦時中に供出され、現存しません。







(陸軍鉄道連隊・架橋演習用橋脚)
陸軍鉄道連隊・架橋演習用橋脚
大陸に行って橋を架けることによって戦線を広げるため、ここで橋を作る練習をしたそうです。
分かりにくいですが、画像の赤松の奥にも橋脚が見えます。

(陸軍鉄道連隊・ウィンチ台)
陸軍鉄道連隊・ウィンチ台


●中央・稲毛公園緑地事務所 陸軍鉄道連隊・演習用トンネル 
陸軍鉄道連隊・演習用トンネル

陸軍鉄道連隊・演習用トンネル足元公園を出て、千葉都市モノレールの千葉公園駅
すぐ近くの緑地事務所内には、演習用のトンネ
ル(昭和6年)が残されてれています。
トンネル上部にはレールとハンマーをモチーフ
にした連隊章が見えます。
 
ちなみに新京成電車は昔の鉄道連隊の線路跡を
そのまま使っているそうです。他にも、津田沼
駅前にある千葉工業大学の正門門柱は鉄道第二
連隊のものをそのまま使ったレンガ造りのものだったり、椿森にある千葉医療センター入り口にもレンガ造りの門柱がレンガ造りだったり。


●千葉県計量検定所
千葉県計量検定所
出自がいまいちハッキリしない建物ですが、もし当時のものだとすると、気球連隊の将校集会所だということです。横目板張りで窓のガラスも表面がゆがんでいるところからして、相当古いものであることには間違いありません。

●川光倉庫 旧気球聯隊第二格納庫
川光倉庫
大正2年、所沢で新設された「気球隊」が、昭和2年、千葉市作草部に移転し、昭和11年に「気球連隊」と改称されました。

旧気球聯隊第二格納庫・写真
見せてもらった当時の写真では、格納庫に現在の庇はなく、大きな扉があったようです。

川光倉庫・内部
中は兵舎を兼ねていて、簡易ベッドをのせるための突起や三角形の窓(今は塞がれている)など当時の名残がありました。

なお、ここでは風船爆弾を製造していたそうです。名前だけ知っていた存在で勝手に可愛らしい赤や黄色の風船を思い浮かべてしまいましたが、実際は布製のもので直径は10mもある大きなものでした。
これを偏西風にのせてアメリカ本土を攻撃するのが狙いだったようです。正直なところ、子供だましの作戦にしか思えませんでしたが、実際に命を落とした民間人もいたそうです。

川光倉庫・塀 当時の塀も残っています。ここが農地と軍用地
 の境界。軍が移ってきたことによって農作物が
 売れ、住民は潤ったそうです。それは表面的に
 は良かったことかもしれませんが、不特定多数
 の 民間人に危害を与える風船爆弾といい、根
 底に戦争の愚かしさを感じます。





●作草部1丁目6あたり
陸軍歩兵学校の塀
川光倉庫から作草部公園に向かう途中で茂みの中にレンガ塀がありました。
陸軍歩兵学校のもののようです。


●作草部公園 陸軍歩兵学校跡
作草部公園 陸軍歩兵学校跡
旧陸軍歩兵学校は大正元年に歩兵の戦闘法の研究とその普及を目的として現在の千葉市天台付近に設立されました。翌大正2年に、大正天皇が自ら訓練風景を見に来たことから天覧台という地名が付き、それが今の地名、天台へと繋がっています。

●千葉経済学園 旧鉄道第一聯隊材料廠(千葉市稲毛区轟町3-59-6)
旧鉄道第一聯隊材料廠1 旧鉄道第一聯隊材料廠2

旧鉄道第一聯隊材料廠5このレンガ建築は、明治41年に陸軍鉄道連隊材
料廠の鉄道機材の修理工場として建てられ、
鉄道工兵の教育も行われました。そのため、
建物の外にはレールも残されています。







旧鉄道第一聯隊材料廠3
旧鉄道第一聯隊材料廠4
千葉市の明治40年代のレンガ建築としては、ほかにあるのは千葉刑務所くらいかもしれません。
それだけでも貴重な存在ですが、建物の内部はコルドバのメスキータを思い起こさせるような10連のアーチ構造が伸びています。
残念なのは、両サイドにプレハブがつけられ、レンガ建築としての外観が損なわれていることと、学園内にあるため、このような機会でないと一般人は見られないこと、そして東日本大震災の影響で立ち入り禁止になってしまったことです。

少子化で教育機関はどこも厳しいく、千葉市の財政も厳しいく、補修して一般公開というのはかなり難しいかもしれませんが、もっと日の目を見てほしい建物の一つです。
梅雨の時期ですが、イタリア大使館別荘へ行ってきました。
歌ヶ浜駐車場から15分ほど歩いて建物へ。こちらは昭和3年にイタリア大使デラ・トーレの依頼を受け、アントニン・レーモンドが建てたもの。

イタリア大使館別荘 外観1

イタリア大使館別荘 外観2

イタリア大使館別荘 外観3

イタリア大使館別荘 外観4 イタリア大使館別荘 外観5
フランク・ロイド・ライトの下で働いていたレーモンドは師を離れたあともその影響から逃れられないことに悩んでいたそうですが、この建物では完全にオリジナリティを出しています。
この外にも内にも「木の皮」で覆われている建物。ライトどころか、ほかの近代建築と比べても唯一無二というか。
建物の図面には「地元の山材を配することに妙味あり」と指示が残されていたそう。最近すっかり定着した、「地産地消」という言葉に通ずるやり方で、地元の大工推薦で東照宮にも寄進された日光杉を資材として採用しました。
日光ではもともと、杉皮で屋根をふくのは日常的だったようです。

イタリア大使館別荘 居間
居間:書斎から食堂を見る方向。

玄関を入るとすぐに居間があり、右手に書斎、左手に食堂がワンルームであります。
こうした外交官の家でワンルームに仕立ててあるのは非常に珍しいのだとか。

イタリア大使館別荘 居間2
居間のソファ。奥に見えるのは書斎の机。

イタリア大使館別荘 天井1 イタリア大使館別荘 天井2
天井も皮で市松張り、網代張り、矢羽張りといったさまざまなバリエーション。

イタリア大使館別荘 書斎
書斎:暖炉は玉石張り。食堂の暖炉と対になっている。

イタリア大使館別荘 食堂

イタリア大使館別荘 縁側

イタリア大使館別荘 中禅寺湖

イタリア大使館別荘 階段
階段

イタリア大使館別荘 休憩室 イタリア大使館別荘 大使の間
(2階) 左:休憩室  右:大使の間
2階は大使の間以外は杉皮での復元ではなく、地元のさわらなどを使用。


イタリア大使館別荘 副邸 外観 イタリア大使館別荘 副邸 中
大使館のすぐ近くにある副邸は大使に随行した人々が使用したといわれている。
現在は国際避暑地歴史館として利用。


英国大使館別荘近くに建っている旧英国大使館別荘も平成22年に寄贈をうけ、現在整備の真っ最中。
2年後の夏に公開予定。
英国外交官アーネスト・サトウにより明治29年に建設されたものだそう。
公開がたのしみです。



(参考文献)  


(今日のおまけ)
クリンソウ大使館を見学した後、フェリーでクリンソウが群生している千手ヶ浜へ行きました。
こちらの群生地は私有地ですが、所有者がクリンソウではなく、鹿による食害を知ってほしくて公開しているのだそう。
そこにには増えすぎた鹿が山の草木を食い荒らしている現況があります。鹿が笹を食い尽くしたことによってホトトギスが巣を作れなくなり、それによって他の小鳥もいなくなり、その鳥だちが食べていた毛虫が繁殖する、と言った連鎖や、笹がなくなってほかの新芽なども食べてしまうため、若い木が育たないといった問題が起こっているとのこと。
そのため、クリンソウの周りは網で囲われています。夜になると食料を求めて20頭近くの鹿が毎晩現れるそう。
一見、人の目にはただただ美しく映る群生地が実はさまざまな危機に直面していることを教えられました。