FC2ブログ
母の日のプレゼントにバスツアーに参加してきました。
日帰り旅行定番の山のホテルのツツジ見学&強羅花壇で昼食を取るというものです。

旧閑院宮別邸 外観
強羅花壇は箱根の高級旅館で、敷地内にある「懐石料理・花壇」は旧閑院宮別邸を利用したもの。

閑院宮家は江戸時代、皇統の断絶を危惧した新井白石の建言により創設された宮家です。これ以降、伏見宮、有栖川宮、桂宮、閑院宮の4つが世襲親王家となりましたが、閑院宮は7代閑院宮春仁王(のち皇籍離脱し、閑院純仁と改名)に実子も養子もいなかったため、1988年、家系が途絶えてしまいました。
こちらの別邸は6代閑院宮載仁(ことひと)親王の時に建てられたものです。
旧閑院宮別邸 1階広間

旧閑院宮別邸 1階広間 持ち送り 旧閑院宮別邸 階段持ち送り
1階広間の持ち送り(左)と階段の持ち送り(右)

昭和3年、避暑のため強羅の岩崎康弥(三菱初代社長・岩崎弥太郎の三男)別荘に滞在した載仁親王はこの地が大変気に入り、岩崎氏から敷地を半分譲り受けて同5年(1930)別邸が完成しました。
旧閑院宮別邸 1階フロア

設計が陸軍技師の柳井平八なのは、その当時、載仁親王が陸軍元帥であったことからのようです。
そのせいなのか、アールデコ調のせいか、内装はすっきりとシンプルな感じ。
旧閑院宮別邸 2階寝室?

アコーディオンの蛇腹のようなデザインがいたるところで見られます。アクセントを与えているのは階段踊り場やドア上部のステンドグラス。万平ホテルのステンドグラスのような線の太い図柄です。
旧閑院宮別邸 1階ステンドグラス 旧閑院宮別邸 洗面台

外観はハーフティンバー。この場合、中もちょうな削りの野生的な内装が多いのに端正な直線でまとめられているというのはあまり例がないかも。
旧閑院宮別邸 階段

旧閑院宮別邸 2階廊下旧閑院宮別邸 1階トイレ
旧閑院宮別邸 小部屋旧閑院宮別邸 外

昼食は1階の広間で花乃膳を頂きました。上品な味の和食です。添乗員さんが量が少なめでちょっと物足りないかもしれませんが・・・なんて言ってましたが、自分にはちょうどいい量でした。
コースターが菊が2つ重なった柄。宮家の別邸だったからでしょうか。瓦も菊のデザインでした。
花乃膳 重箱花乃膳 刺身花乃膳 ご飯花乃膳 デザート

部屋には載仁親王と思われる肖像画が飾ってあります。
ものすごいハンサムだったらしいんですが・・・あんまり実感できませんでした(笑)。
旧閑院宮別邸 1階広間反対側

旧閑院宮別邸 強羅花壇からの眺め(建築データ)
竣工 :1930年(昭和5年)
所在地:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
設計 :柳井平八
施工 :松村組
構造 :木造3階建て

(営業データ)
懐石料理花壇 
営業時間:11:00~15:30(L.O.14:00)、17:30~21:00(L.O.19:00)
定休日  :なし
電話   :0460-82-3333

(今日のおまけ)
食後、つつじを見に山のホテルへ。こちらは三菱4代目社長・岩崎小弥太の別荘地跡です。
一時期はコンドル設計の洋館もありましたが、関東大震災で崩壊。その後、木造で再現されたものの、戦後、国際観光株式会社に譲渡されホテルとして開業したわずか1年後に暖炉からの失火で焼けてしまいました。

山のホテルと富士岩崎小弥太の別荘(コンドル)

現在、当初の名残があるのは、つつじフェアで多くの人を集めるようになった庭園のみです。
岩崎別邸当時からあった日時計は文字盤と針を復元して復活。
スポンサーサイト
ル・ノルマンディ 入口 ル・ノルマンディ 店内
新館5階ということで、厳密に言うと(言わなくても)近代建築でないので載せなくてもよいのですが、クラッシック宿泊プランのうちの一環ということでご紹介です。

ル・ノルマンディ 窓からの眺めパノラミックレストランというちょっと聞きなれない名を冠しているル・ノルマンディ。
まぁ要は海が見えて眺めがいいよってことで、私たちの席も窓際の氷川丸のよく見える席でした。
人によってはそれなら5階じゃなくてなんでもっと高い階にしないの??と思うかもしれません。
それは、豪華客船ノルマンディ号のメインダイニングの高さと同じにするため。海のすぐそばから窓を眺めれば、あたかも乗船しているような・・・という演出なんですね。

あ、ドレスコードあったのにジャケット着用し忘れちゃった・・・と思いつつ、たぶん大丈夫でしょ、とそのまま行っちゃいました。同じ事を赤坂プリンスでしてしまったことがあったけれど、そういう時は形だけお店の人が男性のイスにジャケットをかけてくれくれるのであんまり心配しなくていいです。

料理は宿泊プランに組み込まれているクラッシックディナーコース(ということでコース料金は不明)。
で、ニューグランド伝統のレシピを味わうメニューです。
ル・ノルマンディ クラッシックメニュー
■クラシックディナー献立■
・ 前菜 オードヴルの盛り合わせ
・ スープ コンソメ マドゥリレーヌ
・ 魚 小さなソールナンチュア
・ 肉 牛ヒレ肉のステーキ ベーコン巻き
・ サラダ レタスとトマトのサラダ
・ デザート アイスクリームショートケーキ コーヒー

オードヴルの盛り合わせ(オードヴルの盛り合わせ)
少量ずついろんなものがのっています。
フォカッチャ、サーモン、海老、テリーヌ、ベビーコーンなど。
後で思えばここが、現代シェフの感覚の見せ所だったような?

コンソメ マドゥリレーヌ(コンソメ マドゥリレーヌ)
コンソメスープにレストランの実力が現れるといいますが、コンソメスープはあんまり好きではないので良し悪しはよく分かりませんです。

ソールナンチュア(小さなソールナンチュア)
二代目の料理長が東京オリンピックの際に考案したレシピ。蒸した舌ビラメ(ソル)にマッシュポテトをつけて焼いた入れ物に、海老とマッシュルームを入れてアメリケーヌソースをかけてフタしたもの。下にはほうれん草が敷いてあります。
この料理はその外観にビックリ。写真だとなんだか地味に見えますが、自分でフタを外したり、入れ物を壊して食べてしまうという遊び心もよいです。
フタを外してなんと言ってもおいしかったのはアメリケーヌソース。オマール海老から作ったものでかなり濃厚。

上品なフレンチというにはかなり重ため。ちょうど札幌のヴィネリア・オザワに出てきそうな味です。
個人的には気に入りましたが、こういってはなんだけれども飲んべえが好きそうな・・・。自分はあまり飲まない人間なので説得力ないですけど。

中身を崩す最初、わざわざソルを使わなくてもポテトだけで器は出来そうだけど?と思いましたが、それだと水分で崩れるか。。。それと、ソルの淡白さが、濃いソースを中和するのかも。
私たちが上機嫌で「とてもおいしいですね、お酒がすすみます」と言うと、ギャルソンの方が「ではたくさんつぎましょう」とワインを多めについでくれました。
そのまま、しばしギャルソンといろいろ話していると、オールドメニューも参考に見せてくれました。今回のコースに入っているステーキは単品だと8400円もするんだ(^^; 「でも、ナンチュアはないですね」とふると、舌平目は毎日手に入る訳ではないので予約が必要とのことでした。

牛ヒレ肉のステーキ ベーコン巻き レタスとトマトのサラダ
(牛ヒレ肉のステーキ ベーコン巻き マッシュルームソース)
フィレ肉は脂身が少ないためベーコンを巻いてそれを補っているんだそう。前にもどこかで巻いたものを食べたことがあったけれど、そういう事でしたか。
ソースはその場でかけてくれます。マッシュルームソースというのは今時珍しいそう。
フィレはあっさりとしてい食べやすいし、火加減もちょうど。

レタスとトマトのサラダ(レタスとトマトのサラダ)
トマトときゅうりのサラダは別皿。トマトもきゅうりも驚くべき厚さ!その実、1cm以上?!
こちらのギャルソン、「昔は単品でトマトを切って出すだけでトマトサラダと称しお金をもらう良い商売ででございました」とケレン味たっぷりにおっしゃるなかなかユーモアのある方でした。
再度オールドメニューを見るとトマトときゅうりは確かに別メニューでそれぞれ700円だったような・・・。今これでてきたら現代人は怒るのでは?・・・というか、頼まないか。

アイスクリームショートケーキ コーヒー
(デザート アイスクリームのショートケーキ コーヒー)
ここまでくるとお腹一杯ということもあり、ちょっと残してしまいました。これは正直なところ、他のメニューと違って、レトロという郷愁はなく、単に古臭いデザートかなあ・・・という気がしました。
冷凍ケーキがいまや庶民ダイニングの手抜きデザートメニューっぽくなってきたせいかな・・・。
まずくはないんですが、固めのクリームに固めのスポンジでね・・・。

全体として、良くは伝統の料理、悪くは古くさい料理、玉石混交な感じはしました。
まあオールドメニューに洗練さや新鮮さを求めるのはナンセンスですし、料理自体のレベルは高いので、一夜、古き良き時代に思いを馳せながらレトロメニューを楽しむのが良いかと思います。

近代建築度:----
伝統度   :★★★★
料理     :★★★★

(店舗データ)
パノラミックレストラン ル・ノルマンディ 
住所    :神奈川県横浜市中区山下町10 ホテルニューグランドタワー5F
営業時間 :朝食 7:00~10:00、ランチ 11:45~14:30、ディナー 17:30~21:30 (L.O. 21:30)
定休日   :無休
電話番号 :045-681-1841(内線2301)
サービス料:10%
備考    :予め記念日であることを伝えるとデザートにチョコプレートを添え、記念写真を撮ってくれます。

(参考文献)
横浜流―すべてはここから始まった横浜流―すべてはここから始まった
(2005/07)
高橋 清一

商品詳細を見る