FC2ブログ
佐倉市立美術館チラシ1

千葉県佐倉市立美術館でただいま矢部又吉の展覧会が開催中。現在の美術館のエントランスホールが彼の設計の旧川崎銀行佐倉支店であり、ちょうど100年前に建てられたものであることを記念して今回の展覧となったようです(ちょうど矢部又吉の生誕130周年でもあります)。

佐倉市立美術館 全体

佐倉市立美術館 ホール佐倉市立美術館 天井

矢部又吉的ポイントは
・妻木頼黄に師事し、工手学校(現・工学院大学)建築科卒業。
・父親の矢部國太郎は建築請負業で師匠も学んだドイツに留学後、父と建築事務所を開設。
・川崎財閥に気に入れて川崎銀行の建物を多く手掛ける。

矢部又吉というとちょっとマイナーで、それで「知られざる」とついているのだと思いますが、実際の建物名を挙げられると今まで見たことのある建物も多く、意外と身近。現在、ガラス製品で有名なハリオの本社も彼の手掛けた元・川崎貯蓄銀行富沢町支店。一般公開させていませんが、TVの散歩番組などでも割とよく紹介されています。
ハリオ本社

川崎銀行との繋がりが深く(その縁で川崎財閥の重役の娘さんと結婚している!)、こぶりでしっかりした建物建築を多く手掛けたことが現在も残っている要因でしょうか。

変わった特色としては、変則的に残っているものが結構あること。
1.川崎銀行本店→一部は明治村で展示、一部がもとの場所(現:スターツ日本橋ビルで高島屋のウォッチ館)で部分的な資材を組み直し(再構成の際に比率がおかしくなっている)。
スターツビル

2.川崎第百銀行横浜支店→2004年大和ハウスの21階建てマンションとなり取り壊されたものの、銀行の外装は再現
3.川崎銀行横浜支店→現:損保ジャパン日本興亜横浜馬車道ビルに1989年建て替えの際、ファサード2面のみ組み直し。なお、損保ジャパン日本興亜はもとをたどれば日本火災保険でありこれを設立したのは川崎財閥。
4.ストロング商会→現:ダイワロイネットホテル横浜公園に2009年建て替えの際、外観再現

建築関係の展覧会というとどうしても写真と設計図が中心になってしまい、平面的になってしまいますが、今回は模型はもちろん、本人がデザインした島薗邸の机や泰明商会の机や椅子なども展示。また、ストロング商会のように建て替えによって出た部材などの展示もありました。
佐倉市立美術館チラシ2

写真の展示で強く印象に残ったのは、旧川崎財閥の別荘群。葉山・湯ヶ原・那須の別邸(すべて皇室の御用邸がある土地です。その関係で周辺にどこの馬の骨とも分からぬものに土地は売らず、政治家や財閥などだけが買えた模様)は今でも現存&川崎家の持ち物のため一般公開はされていないようです。
戦時中の統合で銀行がなくなったり、戦後の財閥解体で財閥自体はなくなったりと、経済の表舞台からは消えたものの、不動産は、なお膨大に持っていたことから「川崎定徳」という資産管理会社として現在も存続。
それでいまも葉山のような素敵な洋館を維持できるのでしょうか。

もう一つ印象に残ったのは、矢部建築事務所のドラフトマン(基本設計をまとめる設計者と区別し、図面引き作業が専門で、おもに基本設計以降の各種詳細図などを書く人)内田進の作図の文字。このままフォントにしたらいいんじゃないかと思うほど。大正モダンとかファンタジー系の表紙などにピッタリなおしゃれな感じ。

(参考文献) 知られざるドイツ建築の継承者-矢部又吉と佐倉の近代建築 図録

(今日のおまけ)
2019年1月24日に佐原で川崎銀行に関するフォーラムが開催されます(クリックすると大きくなります)。
銀行統制の時代1銀行統制の時代2
スポンサーサイト