FC2ブログ
今年で4回目になるオールソフィアンのクリスマスに行ってきました。先週もザビエルウィークで来たし、昨日もパーティーでニューオータニに行ったりと、すっかり紀尾井町づいてます。

上智大の英語名はソフィアで(関係ないけど立教大はセントポール)、その学生・卒業生がソフィアン。
「オールソフィアンのクリスマス」とありますが、誰でも参加でき、この日はグループで参加してきました。ミサでは信者でなくても希望者は祝福も受けられて、よい経験になりました。

上智大学 メインストリートスケジュールはこんな感じ。。。

午後5時30分~午後6時30分 
記念ミサ(クルトゥルハイム聖堂)
午後6時30分~午後6時45分 
イルミネーション点灯式(メインストリート)
午後6時45分~午後7時00分 
キャンドルサービス(メインストリート~9号館)
午後7時00分~午後8時30分 
パーティー(9号館地下カフェテリア)

上智大学 7号館
中央の白いビルが7号館。右手に建物が出っ張るように出来たことで門の前は圧迫感が漂う。

イルミネーションは四谷の駅からすぐ見える白くて高い7号館あたりが一番きらびやか。
14階建の7号館(1969年)はアントニン・レーモンドが、竹中工務店設計部に協力して建てた初の高層ビルだそうです。同時にできた6号館やボロかった学食(笑)は、今はもうありません。

上智で一番古い建物といえば正門入ってすぐのところにある1号館。
上智大学1号館 全体
千代田区観光協会のHPによると。。。
【千代田区景観まちづくり重要物件】
 昭和7年(1932)竣工。設計者のマックス・ヒンデルは1887年、スイスに生まれた建築家です。
 ヒンデルは、日本各地のカトリック教会を設計しており、カトリック神田教会もヒンデルの作品です。
 1階廊下の梁が、アーチ形をしておりそれが連なる様子はヨーロッパの修道院を思わせます。

上智大学1号館 1階廊下 上智大学1号館 1階階段

上智大学1号館 角現在の1号館は関東大震災で崩壊した赤煉瓦校舎の後にできたものです。ビッテル神父やローマ教皇ピオII世らの呼びかけにより煉瓦が寄付されたとのことです。鉄筋コンクリート造だけど、表面だけその寄付の煉瓦が使われたということでしょうか(?)。寄付はお金ではなく煉瓦の現物だったみたいで、ドイツ・フランス・アメリカなどから寄せられたそうですが、これも、いろんな所から集められたとなると大きさや色あいが違いそうな気がしますがどうなのでしょう?

上智大学1号館 中庭側(建築データ)
竣工 :1932年(昭和7年)
所在地:千代田区紀尾井町7-1
設計 :マックス・ヒンデル
施工 :木田保造(木田組)
構造 :鉄筋コンクリート造4階建、地下1階







(今日のおまけ)
たいやき わかば
四谷!と言えば、東京三大たい焼きのうちの一つ「四谷 たいやき わかば」でございます。
大学とは反対方向でしたが、みんなでしっかり食べてきました。
昔のまま、尻尾の先まであんこたっぷりです。

●四谷 たいやき わかば
住所   :新宿区若葉1-10
営業時間:09:00~19:00
定休日  :日曜日
TEL    :03-3351-4396(お土産の予約可)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindaikenchikurest.blog14.fc2.com/tb.php/141-0ff4444f