FC2ブログ
富士ラビット 正面
株主優待券が残っていたので七条のなか卯へ行ってきました。わざわざ京都まで来て、なか卯に入らんでも・・・という気もしますが、ここはちょっと特別です。というのも、こちらの店舗は大正末期に建てられた、鉄筋コンクリート3階建としては七条通りで最も古い建物なのです。
当初はフォードの輸入代理店として建てられたそうで、なか卯になった今でも残る正面側のステンドグラスを見ると、T型フォードやタイヤを3つ連ねたデザイン。
富士ラビット フォード全景富士ラビット フォード富士ラビット タイヤ富士ラビット 下から

富士ラビット 看板3階に見えるマークはこの時の会社、日光社のロゴマーク。
そして表の看板には「富士ラビット」とあります。これは戦後、フォードの代理店から富士ラビットスクーターの代理店にかわってからのものだそう。そして、さらに、京都スバルの代理店となった後、現在のなか卯に至ります。

なか卯は日本の至る所にあるチェーン店ですが、建物の歴史を知っていると、単に空腹を満たすだけの場ではなくなりそう。

中に入ると、この手のお店としてはゆったりとしたテーブル配置ですし、カウンター席も窓際にあるので、くつろげる方かと思います。一人で食事をしている若い女の子なんかもいたりして。
支払いはレジで前払い制なのですが、このレジカウンターも、もしかしたら昔の造りのままかも。

富士ラビット 店内 富士ラビット ガラス

いまはメニューの看板で隠れていますが、脇から見ると上方に、モザイクガラスのようなものが見えますし、カウンターの台の下には(写真撮りませんでしたが)ドーリア式の柱が両脇にありました。

さて、お食事の方は、うどん¥290と親子丼¥490を注文。さすがチェーン店、安くて1000円分の優待券が使い切れない(^_^; なので、お持ち帰りで唐揚げ10コ\300も頼んだのですが・・・この唐揚げが意外においしい! 竜田揚げに近い、カラッとした衣で気に入りました。うどんも京風だし、親子丼も半熟のとじ具合がなかなか。
最も安くうまく食べられる近代建築としてはNo.1です(なお、雰囲気も加味すると、神戸北野異人館のスターバックスが上回るかも。それもまた、いずれご紹介を・・・)。
なか卯 うどん なか卯 親子丼

富士ラビット 照明近代建築度 :★★★
お手軽度   :★★★★★
料理      :★★★

(建築データ)
竣工 :1925年頃(大正14年頃)
所在地:京都市下京区七条通新町西入夷之町721
構造 :鉄筋コンクリート造地上3階地下1階建
備考 :国登録有形文化財

月刊京都 2006年1月号

(参考文献)
月刊京都 2006年1月号









うぞうすい(今日のおまけ)
今回の京都旅行は10日ほど。長くいると外食は緩急使い分けなくちゃいけませんが、翌日はちょっとリッチに、同じなか卯に行った翌日は、この七条通りを国立博物館のほうへずっとまっすぐ進んだ先にある「わらじや」へ。店名はここでかつて豊臣秀吉がわらじを履き替えたことに由来しているそうです(店の表には大きなわらじがかかっています)。
お店はうなぎの雑炊専門店で、メニューは1コースのみ\6100(サ・税込み)。最初に抹茶と干菓子が出てきたのでビックリしましたが、うなぎのお吸い物も雑炊も滋味豊かでなかなかおいしかったです。
2階は急な階段&座敷席なので足の悪い方は予約時に1階のテーブル席を指定されると良いでしょう。

●わらじや
住所   :京都市東山区七条通本町東入ル西之門町555
営業時間:[月~金] 11:30~14:00 16:00~19:00  [土・日・祝] 11:30~19:00
定休日  :火曜日
TEL     :075-561-1290
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindaikenchikurest.blog14.fc2.com/tb.php/147-15380469