FC2ブログ
昨年末から2月いっぱいまで、アートナビゲーターとして、とあるアートプロジェクトのお手伝いをしておりました。
今はまだ他言できないのですけど、何年か先、実際に稼動したらとても便利だろうな。。。というものなので、その暁にはここでもご紹介したいと思います。
・・・で、その流れで美術検定実行委員会事務局さんから頂いたのが、こちらの今和次郎展の招待券でした。もともと行こうと思っていたので、「や~、タダで行けてうれしいなあ」という感じでしたが、ご紹介はまたぎりぎりになってしまいました。。。

今和次郎展 チラシ表 今和次郎展 チラシ裏

今和次郎というと、考現学の創始者として知られていますが、人物紹介も展示の内容紹介も、ここではばっさりカット(^_^;
近頃、白金甚夢迎賓館に行ってきたばかりの身としては、やはり注目は中盤に展示されていた旧渡辺甚吉邸の椅子やカトラリーです。
椅子の背には船のデザインがあしらってありなかなか立派。
なぜ椅子の所蔵元が東京や岐阜の渡辺家ではなく、早稲田大学?という素朴な疑問はあるものの、その経緯は不明。今和次郎は早大の教授で、渡辺家からの請負についても研究室で夜に作業をしていたそうなので、それで椅子も残っていたりしたのでしょうか。
カトラリーの方は、その模型(工程:スケッチ→朴の木のモデル→石膏モデル→鉛モデル→実物)なので、渡辺家にあるよりも大学にあるほうが自然ですが。

なお、彼の手がけた渡辺邸のデザインは内装・カトラリーにとどまらず、食器類にまで及びました。
そちらはさすがに大学ではなく岐阜の渡辺家に保管されているようですが、大倉陶園に発注され、一皿一皿に渡辺甚吉のイニシャル「J・W」が刻印されました。300点近くにのぼる食器類の中には、長良川の鵜飼にちなんだ鮎のデザインのものも。

ほかの展示として、近代建築好きには、震災後、今和次郎たちが結成した「バラック装飾社」の手がけたバラックの写真展示(カフェ・キリン、東條書店ほか)などもおもしろそうです。

(関連記事)  ●白金甚夢迎賓館(港区白金台)

(見学データ) ●今和次郎 採集講義展
会場  :パナソニック電工汐留ミュージアム 
期間  :2012年1月14日(土)~3月25日(日)
時間  :午前10時より午後6時まで(入館は17時半まで)
休館日:月曜日
入館料:一般:500円、大学・高校生:300円、中・小学生:200円、65歳以上:400円

美華園の担担麺(今日のおまけ)
汐留ミュージアムの最寄り駅・新橋駅の地下街「ウィング新橋」には担担麺で有名なお店「美華園 新橋店」があります。場所が分かりにくいのですが、JR汐留口の改札近くの地下街1号の入口入って割合すぐのところ。
担担麺は1100円。ミニライスは無料でつけられます。
スープはかなり白く、見ただけでもかなりクリーミー。実際クリーミー。しかし、個人的に気に入っているのはむしろ、その大量の白ゴマを使ったスープよりも、自家製の味噌で作るというミンチ。甘辛くて絶品ざます。
しかし、絶品担担麺以上に強烈に記憶に残ったのは、日曜の夕方、偶然居合わせた一人客です。
20代半ばくらいの長髪のきれいそうなおねーさん(人の顔はあまり見ないもんでよく分かりませんが・・・)。
ツカツカと躊躇なく入店し、わき目もふらず「担担麺と白ワイン」と即注文。慣れていらっしゃる。
・・・が、それってどうなの!? 担担麺と白ワインって合うの??マリアージュするの?!?!
下戸に近い私には合うのやら合わないのやら、よく分かりませんが、あのおねーさん、相当インパクトありました。

●美華園 新橋店
住所   :東京都港区新橋2丁目東口地下街1号 ウィング新橋
TEL    :03-3575-1060
定休日  :無休
営業時間 :11:00~22:00(L.O.21:30)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindaikenchikurest.blog14.fc2.com/tb.php/152-3821be90