FC2ブログ
今回は鳥越二丁目の交差点からスタートです。

●お袋の味 みちしるべ
お袋の味 みちしるべ 全体

「一新亭」に行く時に見かけたお店。いい感じの看板建築だったので、検診の帰り、お昼ごはんも兼ねて寄ってみました。窓の上に星型の装飾と角にバッテン模様。
お袋の味 みちしるべ ★型 お袋の味 みちしるべ 角

こちらは定食屋さんでカウンターのみっぽいです。
前回見たときは13時前に既に店が閉まっていました(早っっ)。
夜も営業してないことからすると、自前の建物で営業してるのでしょうね。

出入り口のすぐ脇に、お弁当売り場の窓口があったので、あまりおなかが減っていなかったこともあり、お弁当を買って帰りました。
お袋の味 みちしるべ メニュー
メニューは写真の通り(画像クリックすると大きくなります)。
なんとなく、白身フライ(コロッケ入り)を選びましたが・・・これが後でビックリな事態に。

お弁当は注文してから詰めてくれます。待ってる間、窓口から見える店内を見ていましたが、中は普通の古い建物っぽく、そのヘンは外が近代建築っぽくなくて中の天井がすごい「一新亭」と対照的ですね。

待つこと3分・・・あ?あれ? なんか、異様に容器が多い気が・・・。よくあるお弁当の容器以外にお味噌汁、くらいならまだ分かりますが、ほかにパックが3つも入ってる。ほかに注文客もいなかったので間違いとも思えず、そのまま家にもって帰りましたが・・・家に帰ってまたビックリ。袋にフライが突き刺さって破れてました(^_^; 

お袋の味 みちしるべ お弁当中身はフライ2つ(コロッケがない・・・)に香辛料の効いた煮物、漬物、ごはん。これに別パックのひじきと小松菜のおひたし、マカロニサラダ、お味噌汁がついてます。
うーむ。確かに1つでは入りきらない量ではあるんですけど、漬物のスペースはスカスカだったりでなんかアンバランスな気も。
HPをみたら、「しっかり出汁をとって作った自家製の味噌汁と一品付(きんぴら、マカロニサラダ、豆腐等)です。」・・・って、一品どころか三品ついているのは、おまけだったのかしら。その一方でお味噌汁は油揚げしか入ってなくてなんか寂しい具だったし・・・。
ひじきはおいしかったです。あとは普通かな。。。

お袋の味 みちしるべ 右側(店舗データ)
●お袋の味 みちしるべ 
住所  :東京都台東区浅草橋3丁目34-7
営業時間:11時‐12時30分頃まで(売り切れ次第終了)
定休日 :土曜、日曜、祝日
TEL   :03-3863-6860

近代建築度:★★☆
ボリューム :★★★★★
料理     :★★★



●浅草橋3丁目と5丁目をはさむ通り
鳥越二丁目ののある交差点からJR総武線方面への道には結構、近代建築が残っています。
「みちしるべ」側に残る3つ続くアーチの建物は意匠が全部、剥がれ落ちて(?)しまってます。
三連アーチ 全体 三連アーチ アップ

浅草橋5丁目27の建物 全体 その斜め反対側(浅草橋5丁目)にも地味ながら装飾されている建物が。

浅草橋5丁目27の建物 アップ


●つるの湯 
つるの湯 全体

そのまま5丁目を秋葉原よりに入っていくと見えるのが「つるの湯」。なんか、その青い壁、「どうよ?!」
ってくらい品なく目立ってますが、唐破風が立派です。その妻飾りである懸魚(げぎょ)が太った鶴で
かわいらしい(笑)。さらにその上にも鶴一羽。楽しい銭湯でした。
つるの湯 懸魚 つるの湯 つる

つるの湯 松の型の窓壁には松の型の窓。

つるの湯
場所 :台東区浅草橋5-27-2
営業時間:15:30-24:00 
定休日 :土曜

●めんや来吉
元の道へ戻り、またJR総武線方面へ進むと、近代建築はなくなって、さらに古そうな古民家がありました。珍しく長い造りの古民家の一部はめんや来吉(浅草橋5-1-32 )というラーメン屋になっています。
めんや来吉 全体 めんや来吉 アップ

めんや来吉 反対側
反対側には銅板の装飾がちょっとある古民家。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindaikenchikurest.blog14.fc2.com/tb.php/156-d2e45480