FC2ブログ
●旧中村健太郎法律経済事務所(中村健法律事務所) 
中村健太郎法律経済事務所 全体 中村健太郎法律経済事務所 照明

シンプルな建物ですが、玄関上の照明器具が素敵。村野藤吾、初期のものです。
本で見ると「中村健太郎法律経済事務所」で現在の表札は「中村健法律事務所」似て非なる名称。。。
何か繋がりがあるのか、あるいは単なる偶然か。
私たちがカメラ小僧のようにワラワラと写真を撮っていると、脇に車をとめていたおじさんが、「ちょっと待って」とわざわざ移動してくれました。どうもありがとうございます。
ちなみに、向いの通りには、明治6年この地に大阪慶応義塾が開校された記念碑があります。

(建築データ)
竣工 :1938年(昭和13年)
所在地:大阪市中央区北浜2-4-10 
設計 :村野藤吾
施工 :不詳 
構造 :鉄筋コンクリート造3階建
 
●大阪市立愛珠幼稚園 
大阪市立愛珠幼稚園日本に現存する最古の幼稚園です(国重要文化財)。園自体は明治13年創設。建物は現在3代目で明治34年のもの。約20年間で3回も建て替えた後、、100年以上生き長らえているなんて立派。
現役の幼稚園なので中を見ることはできませんが、お隣の緒方洪庵の適塾を見学している時に2階からジャングルジムなどがチラリと見えました。

後日、教えて頂いて見た、BS朝日「百年名家~築100年の家を訪ねる旅~」で内部が紹介されていましたが、吹き抜けの遊戯室は格子を組まれた桃山様式の天井が高くて広々。
卒園生が老年になっても遊びに来るだけの吸引力がある建物でした。
昭和11年に設置されたぐるぐるのすべり台まで重文に指定されているのもツボ。

(建築データ)
竣工 :1901年(明治43年)
所在地:大阪市中央区今橋4-4-1
設計 :伏見柳、久留正道、中村松竹
備考 :国重要文化財

●旧大阪教育生命保険・大中証券(現オペラドメーヌ)
オペラドメーヌ 全体

オペラドメーヌ 入口 オペラドメーヌ コーナー

煉瓦に白のストライプ、と言ったら「辰野式」。そして実際、辰野金吾の事務所による設計です。
明治45年に建てられてから100年。大阪教育生命保険→大中証券→シェ・ワダ→そして現在のウェディング会場という変遷をたどっています。
内部はチロリと見た限り、完全に改装されていて(HPを見たところ、やはり面影なし)、近代建築好きは外観だけ見れば十分というちょっと残念な状態です。そしてもう一つ残念なのは、外観がなんだかホロ汚い(失礼)かなぁ・・・ということ。銅板がきれいに緑青をふいてるでなく黒ずんでいたり、煉瓦が白くなっていたり。重厚感よりボロっちいっていう印象でしたよ・・・。
ウェディング事業で利益が出たら、外観の修復にも力を入れて欲しいところですが・・・。

(建築データ)
竣工 :1912年(明治45年)
所在地:大阪市中央区高麗橋2-6-4 
設計 :辰野片岡建築事務所 
構造 :煉瓦造2階建

●日本基督教団浪花教会
浪花教会
浪花教会は明治10年設立。今の建物は昭和5年に建てられましたが、色板ガラスは明治時代にはめ込まれたもののようです。
ヴォーリズ建築事務所の指導のもと、竹中工務店の石川純一郎・早良俊夫が設計施工しました。
訪れたのは、ちょうど日曜の礼拝が終わった頃で、内部を見せて頂きましたが、中の写真公開はNGということで、外観のみの紹介です。

外観はゴシック様式で四角積み木のような印象ですが、2階の礼拝堂は尖頭アーチ部分の壁に奥行きを持たせた窓になっていて、その厚みが柔和な雰囲気を醸し出しています。

(建築データ)
竣工 :1930年(昭和5年)
所在地:大阪市中央区高麗橋2-6-2 
設計 :ヴォーリズ監修指導 
施工 :竹中工務店
構造 :鉄筋コンクリート造、4階建

●細野ビルディング 
細野ビルディング その1
地下鉄で移動して船場から離れた細野ビルディングを見てきました。
訪れてみると、歩道より下に建物があって、わざわざ2段おりてまた2段上がるという段差は一体何だろう・・・と思っていたら、建物目の前の長堀通りは昭和40年まで川で、埋め立てた際に周りの地盤が上がってしまったのだそう。なるほど。それでこの段差。
外観1階の石張りは、その川から輸送してきたもの。地の利を生かしてか、石は1枚1枚が大きいです。

細野ビルディング その2 細野ビルディング その3
細野ビルディング その4 細野ビルディング その5
この日はちょうどオーナーがいらして修復工事をされていました。私たちに「改装したほうがいいと思う?それともこのままがいいと思う?」と尋ねられました。
既にこのビルの持っている今の雰囲気は得がたく、「このままがいい!」と答えたのは言うまでもありません。

(建築データ)
竣工 :1936年(昭和11年)
所在地:大阪市西区新町4-5-7 
設計 :細野組建築部 
施工 :細野組 
構造 :鉄筋コンクリート造3階建、地下1階

(今日のおまけ)
土佐稲荷神社最後に土佐稲荷神社へ行きました。こちらは明治7年に三菱の創始者である岩崎弥太郎が所有することとなり、三菱本社の創業の際は社殿を新築したそうです。境内をよくよく見ると賽銭箱に三菱のスリーダイヤのマークが入っていたりして繋がりが分かります。
宮司さんのお話も聞けまして、面白かったのが、青銅の狛犬のエピソード。本社殿向かって右にある青銅の狛犬の裏には銘文が刻まれており、内容としては二代目社長・岩崎弥之助が母の願いでこちらに蔵にあった狛犬を寄進したというようなことが書いてあるのですが、狛犬を新たに調達するのではなくて、既にこんなものを持っているというのが、さすが岩崎家。普通、こんなもの持ってないでしょ。
で、この狛犬、なんと片方盗まれてしまい、左のは複製なんですと。しかも、蔵にあったものを持ってきたので、本来神社に置く狛犬としてはちょっと異なるものだったらしく、口が「あ・うん」の対ではなかったらしいです。それで複製を作る際には、口を閉じたものにしたのだとか。
怪我の功名?

(参考文献)
京都・大阪・神戸【名建築】ガイドマップ京都・大阪・神戸【名建築】ガイドマップ
(2011/10/31)
円満字 洋介

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindaikenchikurest.blog14.fc2.com/tb.php/168-750549b4