夏休みに蓼科高原に行ってきました。さすがに高原は猛暑もどこ吹く風。
訪れたこちらの喫茶店もクーラー無しで涼しいです。
銀のポスト 正面

お店の方に伺ったところ、昭和12年に建てられた、かつての蓼科郵便局舎だそう(通りの奥に新たな現役郵便局が建ってます)。お店の名前通り、店先に銀に塗られたポストがありますが、建物の経緯からするとこれって本物なんでしょうね。
ちなみに、お店の向かいは「蓼科温泉」という浴場になってます。

銀のポスト ピナクルマンサード屋根部分が郵便局だったところで、つながる和館は局員の住まいだったようです。
現在、局舎の方は喫茶店として改装されていて近代建築の名残は外観のみ。
マンサード屋根(腰折れ屋根)というと、東京では関東大震災後に出現した看板建築に時折見られますが、地方だとどれくらい存在しているものなんでしょう。地味だけど、ここは意外と貴重なマンサードかもしれません。
屋根は赤いトタン。避暑地の近代建築ってなんか赤いトタン屋根が定番?(万平ホテルとか)
正面、屋根のうえのピナクルには〒マークがしっかり入ってます。

お店を入るとすぐ右脇に、和館への小さな玄関(?)があります。改装された局舎に対し、こちらは昔のままという印象。二間続きで広く、お庭も眺められてゆったり。お茶するなら断然、和館がおすすめです。それに、和室としても結構豪華な感じ。床の間の造りが変則的でなんだかよく分からないけれども、出書院まであって組子も凝っているし、お庭も立派ざます。

銀のポスト 和館銀のポスト 廊下銀のポスト 欄間銀のポスト 出書院

こちらのメニューで軽食はトースト・サンドイッチくらい。逆にカキ氷なんてのがありました。しかも300円って安いかも。
でも頼んだのは自家製ケーキセット750円。選べるケーキは今日はチーズケーキorクレームブリュレ。
両方のセットに加え、クリームあんみつを注文。
銀のポスト クリームあんみつ銀のポスト クレームブリュレ銀のポスト チーズケーキ

銀のポスト ポストクレームブリュレがまったりしてておいしかったです。
セットだったのに紅茶はロイヤルミルクティーにできたのもポイント高し(単品で600円。これだと絶対セット頼みたくなるわ)。
ブリュレ同様、ここでしばらくまったりしたかったものの、陽が暮れる前に旧渡邉千秋邸を観にいきたかったので、後ろ髪を引かれつつ、あとにしました。

(店舗データ)
●銀のポスト (プール平)
住所   :長野県茅野市北山4035
営業時間:10:00~17:00
定休日  :火曜日 夏期無休 (12月~4月中旬休業)
TEL    :0266-67-2736
備考   :手前に公共無料駐車場あり

(今日のおまけ)
無藝荘旧渡邉千秋邸に向かう途中で、「小津安二郎 無藝荘」というのが目に入り、ちょこっとだけ寄りました。もう開館時間を過ぎていて、残念ながら外観だけ。小津監督は晩年、こちらで映画のシナリオを執筆されていたそうです。

小津安二郎と言えば「東京物語」とか「秋刀魚の味」とか・・・役者で言えば、なんと言っても笠智衆!! 
どうでもいいことだけど、笠智衆は「おじいさん」っていう写真集だしてるの。
それを知った時は『えーーっ、なんでこんなん出版されとるんじゃ~。一体誰が買うんじゃ~~』と思ったけれども。あるんですね、一定の需要が。

小津安二郎記念館無芸荘 http://kk.tateshina.ne.jp/mugeiso.html
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindaikenchikurest.blog14.fc2.com/tb.php/171-d3e54106