FC2ブログ
渡邉千秋邸 その1

銀のポストでお茶した後、旧渡辺千秋伯爵邸へ。
渡辺千秋(1843~1921)という人は長野県岡谷市の人で下級武士→県役人→知事→宮内大臣と出世して伯爵となった人です。
もともとこの邸宅は東京高輪にあったもので、そこをトヨタが買い上げたことで、洋館は蓼科湖近くに移築され、記念館になったようです。

渡邉千秋邸 その2 渡邉千秋邸 その3

この洋館だけでも相当立派ですが、高輪にあったころは、とても広い和館がメインで、外国人が来た時だけ使う迎賓館のようなものだったよう。ちょうど湯島の岩崎邸の洋館のような役割ですね。
現役時代もほとんど使われていなかったようですが、今も非公開であまり知られていません。
トヨタが使用するのはどんな時なんでしょう。。。邸宅の隣には似た色調の建物が建っていて、人がいたので、管理するための家と人なのかしらと推測しましたが如何に。

渡邉千秋邸 その5 渡邉千秋邸 その6

渡邉千秋邸 その7 渡邉千秋邸 その9

渡邉千秋邸 その8

中は当然見られないのですが、『信州の西洋館』という本に内部の写真が載っています。中は外観のイギリス風のハーフティンバーからは想像できない、アールヌーヴォーや(リカちゃん人形の白い家具みたいな)ルイ16世風インテリアがあるようです。外観からわずかに見えるステンドグラスもアールヌーヴォーの影響を受けたとされています。

渡邉千秋邸 その4(建築データ)
竣工 :1905年(明治38年)
所在地:長野県茅野市北山4035
設計 :木子幸三郎





(参考文献)
信州の西洋館信州の西洋館
(1995/11)
藤森 照信

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindaikenchikurest.blog14.fc2.com/tb.php/172-18b45d03