FC2ブログ
製糸場を見学に行った際、「富岡の町並みと周辺の近代化遺産」というマップをもらいましたので、それを参考に少々待ち歩きをしてみました。
そのマップによると、富岡は製糸場ができたことにより「従業員、製糸業関係者など他県からの出入りも増え、商家も賑わい近代産業発祥の町として繁栄」したそうです。

●カフェ・ドローム
カフェ・ドローム
富岡製糸場の目の前の通りにあるのが、製糸場の建築関係者が住んでいたと伝えられている長屋(明治8年築)。
2階建てで、富岡で一番規模が大きい長屋(当時は12軒つづき。現在は7軒)だそう。
その一角がいまはカフェになっていましたのでごはんもまだだし、と入ってみました。が、メニューを見ると軽食よりもご当地っぽいデザートに目が行ってしまい、そちらを頼みました。

カフェ・ドローム シフォンシフォンケーキセットは味噌味のシフォンとシルクタンパク液入シフォン。味噌も珍しいけど、やっぱりシルクっていうのがいかにも富岡っぽいです。ちゃんと富岡産の繭からとったものだそうで。注文する前から、多分味はシルクって分かんないだろうなと思いましたけど、やっぱり分からなくて、フツーにおいしいシフォンでございました。
カフェ・ドローム プリン


ほか、名前がくだけてる、プリンそこがみそ?!セットも注文。そこがみそって、底がカラメルの代わりに味噌なのね。こちらも富岡産の味噌。

お店の名前「ドローム」は富岡製糸場のフランス人技術指導者ポール・ブリュナの出身地「ドローム県」からつけられています。日本にあてはめると「カフェ・群馬」ってとこでしょうか。そう考えると、ちと微妙ですが(^_^;

1階もおしゃれですが、2階には富岡製糸場や近隣の古い写真が飾られているので空いているなら2階も見せて頂くと良いかと思います。

カフェ・ドローム 2階

カフェ・ドローム 写真
明治41年当時の富岡製糸場表門。門が今と違い木製。また、守衛所だった右の建物は移築され、現在ここにはない。

●旧肥留川医院
旧肥留川医院
昭和9年頃の建物。
富岡にはあまり西洋風の建物はないらしくて、この周辺ではこちらが一番洋館っぽかったです。

●江原時計店
江原時計店 全体 江原時計店 展望塔
店舗、展望塔はかつて消防団の望楼だったそうです。

●櫛渕(くしぶち)邸
櫛渕(くしぶち)邸
これなど、もはや西洋風建築でもなんでもないんですが、櫛渕家は生糸を商う富岡きっての豪商だったということです。

時間がなく見られませんでしたが、ほか、上州富岡駅の近くに富岡倉庫という煉瓦&石造りの倉庫が
あるようです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindaikenchikurest.blog14.fc2.com/tb.php/190-5d58250b