FC2ブログ
日本橋MAP東京駅開業100周年記念のイベントとして20日まで、東京駅・大丸・日本橋高島屋・日本橋高島屋・コレド室町1の五か所で記念レプリカ硬券がもらえるイベントが開催されています。
どこから始めてもOKなのですが、東京駅・八重洲中央みどりの窓口内からスタートすると東京駅の形をした記念台紙がもらえて便利です(配布時間も5時までと一番早く終わってしまうし)。
時間のない人はこれだけもらって帰っても良いお土産になるかも。専用のMAPももらえるので土地勘なくても回れます。
お次はすぐ近くの大丸・入口の案内カウンターで硬券をもらいます(デパートはすべてカウンターでもらえます)。

歩いてもそれほど時間はかかりませんが、歩くと実際はMAPに書いてある所要時間の1.5倍はかかりますので、無料のメトロリンクバスを利用しました。
大丸を背に外堀通りを左(呉服橋方面)へ数十メートル歩いたところにバス停があります。あまり目立たないバス停なので初めての人はちょっと注意が必要かも。まあ、10分ごとに発車していて列ができていることも多いので分かるかな?
このバスで一気に三越前まで行き、コレドと高島屋は歩き、そこからまたバスで東京駅まで戻ってくるのが一番楽チンだと思いますが、私は最後を三越にしたかったので、日本橋駅前の停留所でおり、高島屋まで少し歩きました。

降りた目の前はレストランの東洋。日曜は閉店でシャッターの浮世絵が見られました。
TOYO 浮世絵シャッター

日本橋はここ10年くらい再開発ラッシュで今も伊予銀行や榛原が建て替え中。
工事の衝立には日本橋の歴史が紹介されてます。
榛原 工事中1
榛原 工事中2
榛原 工事中3
榛原 工事中4
                                      
高島屋のクリスマスツリーを撮るついでに重要文化財になった建物内もちょっと撮影。
秋に伊豆の落合楼 村上(有形文化財。こちらもいずれ紹介したいと思っています)に泊まった時に聞いたガイドでは、上り階段と下り階段が壁を取り外したようにくっついて、どちらからでも上り下りが出来るのは当時木造では村上だけ、鉄骨では日本橋高島屋と京都の大丸だけだったとのこと。
全く同じ形ではありませんでしたが、左右対称に地下への階段があるので写真右がそれかと思います。大丸も京都に行ったときに改めて確認したいと思います。
高島屋 ツリー1 高島屋 ツリー2
高島屋 天井1

高島屋 天井2

日本橋三越 ライオン三越ではクリスマス向けにライオン像の周りもデコレーションしてあります。
下記「今日のおまけ」で見た説明書きによると、三越の基礎を築いた支配人・日比翁助が視察先のロンドンで注文したもの。トラファルガー広場にあるものを型どり、鋳造したもので、3年かかったそう。
当時、イギリスの彫刻界ではかなりの話題になったとか。

(関連書籍)



そろった切符はこんな感じ(画像をクリックすると大きくなります)。
「現役時代の硬券と同じ印刷機、板紙、同じ製造方法で作成しています」とあります。

東京駅・台紙表左東京駅・台紙表右

東京駅・台紙裏左東京駅・台紙裏右


(今日のおまけ)
11月まで東京駅地下の「銀の鈴」に関連キャラクターが展示されていました。
左から大丸松坂屋のさくらパンダ、Suicaのペンギン、日本橋高島屋のローズちゃん、日本橋三越のライオン。
銀の鈴に大集合ローズちゃんはいろんな衣装がありますが、ここでは特別にJR東日本の女性駅長制服をきています。
三越のライオンも今年100周年だそう。「和風総本家」で紹介していましたが、ライオン像は何体か余分にあって(というか、閉店などで出戻りしたライオンかな)本店で保管されているそう。なので、こういう時、出番があるとこうやって駆り出される訳ですね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindaikenchikurest.blog14.fc2.com/tb.php/197-db19bd4c