千葉県文書館で開催されている企画展「洋風建築にみる明治の千葉県」へ行ってきました。
千葉の文書館自体、初めて行きましたが、割と千葉中心部にあり、駐車場も10台分くらいある立派な所です。

展示テーマは「洋風建築と千葉県」「千葉県の公共洋風建築」「千葉県の建築遺産」の3つですが、メインは千葉の公共建築のようです。

明治の千葉県・チラシ表
明治の千葉県・チラシ裏

チラシの表を大きく飾っていたのは明治44年に竣工した千葉県庁舎(昭和36年取り壊し)。
既に明治35年に建設の調査費用が県議会に計上されていたものの、竣工まで時間が空いたのは日露戦争が起こったためだそう。
内部の写真も展示されていましたが、床が市松模様だったりしてなかなかゴージャス感あります。取り壊したのは残念でした(チラシ裏に載っているハーフティンバーの千葉県立東金高等学校記念館、千葉県立佐倉高等学校記念館などは現存)。
なお、議会棟1階ロビーには旧県庁舎の模型と関連資料が展示されているとのこと。せっかくならそれも借りてここに展示して欲しかった。。。

企画展は、中小会議室くらいの部屋で写真と図面が中心のもの・・・と規模も内容も地味なせいか、見学者は自分だけでした(^_^;
今回は明治期だったので、今後、大正~昭和編も企画されることを期待します。

企画展「洋風建築にみる明治の千葉県」
場所:千葉県文書館1階展示室
機関:平成26年9月1日(月曜日)~平成27年2月28日(土曜日)
時間:午前9時~午後5時
休館日:日曜・祝日・月末の最後の平日は休館日となります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindaikenchikurest.blog14.fc2.com/tb.php/199-d92e99cf