FC2ブログ
今月上旬、多田屋のガイドがあるというので、久しぶりに「駅からさんぽ」に参加してきました。まずは駅西口の広場で受付を済ませスタート。

●秋葉旅館
秋葉旅館
駅前角のコーヒー店の2,3軒隣にある旅館。今も営業しているか不明・・・。
東金は大量に獲れた鰯の肥料加工で栄えた所で、かつては千葉で2番目に大きな街だったそう。
旅館もその頃栄えたのでしょうか。

●石井センイ
石井センイ 側面 石井センイ アップ
旅館のある通りを突き当たった所。横から見ると近代建築であることが分かります。
地味ながら下見張りに洋風の窓。そして地味なのでつい手前のパーキング「1日300円」というのに目が行ってしまいます。1日300円。。。安っ!!

●湖月堂
湖月堂 正面

湖月堂 アップ 湖月堂はこの地域の老舗和菓子店で柚子羊羹が
 有名です。
 今日はイベント日ということで、その柚子羊羹
 がセールで2割引き、柿羊羹は半額で売って
 いました。
 うちの親が羊羹好きなのでお土産に買って帰
 りましたが、その時にお店のおばさんに聞い
 た話によると、この建物は、もともとは明治期
 の郵便局であったものをこちらに移築したも
 のだそう。

(湖月堂 本店)
所在地:東金市東金1205
TEL :0475-52-2024
営業時間:9:00~18:00
竣工年:1925年(大正14年)

●東金高等学校
東金高等学校は今年で設立107年の伝統ある高校。歴史があるだけに古い建物も少し残っていて、正門と作法室がその名残をとどめています。
そういえば、旧千葉県立安房南高等学校に行ったときにも作法室という部屋がありました。明治時代の高校生はどんな作法を学んでいたのでしょうか。。。

東金高等学校 正門 その1 東金高等学校 正門 その2
正門はレンガ積みで上部に1本赤いラインが入っているのが辰野式風。

東金高等学校 作法室 その1

東金高等学校 作法室 その2 東金高等学校 作法室 その3
作法室はハーフィティンバー。ピンクのやさしい色合いの塗装も安房南高等学校を思い起こさせます。

東金高等学校 作法室 その4 東金高等学校
謎は、作法室の前に置かれた塔の先端部分。本体は壊しちゃったけど、記念に置いておきましょうか、という感じ? 構内にはこの尖塔を模したと思われる建物もありました。

今日の「駅からハイキング」のコースを練ったのはこちらの山岳部の生徒だそう。そして箏曲部の演奏もありました。どちらも高校にはなかなか無い部でそんなことからも歴史がある学校なんだなあと思います。

所在地:千葉県東金市東金1410
設計 :後藤政治
竣工年:1912年(大正元年)

●旧多田屋店舗
旧多田屋店舗

旧多田屋店舗 1階奥
この日は「駅からハイキング」ということで、建物内、奥の広めの部屋でガイドがありました。
それによるとそこの部分は(?)大正10年頃建てられたものだそう。
教科書販売権は10年ほど前に手放したものの、かつては、この部屋で千葉県の小中学校の教科書を仕分けしていたそうです。

多田屋は今も千葉にある本屋さんで、創業が文化2年(1805年)と歴史のある企業です。
もっとも、こちらの建物は8年ほど前に売却してしまい、現在の所有者は壊したがってたそうですが、幸いにも今は保存・修復へ向かっています。

旧多田屋店舗 1階

旧多田屋店舗 1階天井1 旧多田屋店舗 1階天井2
手前の正面洋風の部分はたばこや塩などの専売公社として使われたもので、その後サントスという喫茶店になりました。
喫茶店時代に改装され、カウンターなどがつけられたようですが、最近復元に着手し、撤去されたそうです。予算との兼ね合いもあり、復元にはまだ時間がかかりそうだとか。
なお、1階に飾られている看板などは必ずしもかつての店舗と関係のあるものではないそうです。

旧多田屋店舗 2階 階段 旧多田屋店舗 2階 社長室から
2階は社長室と応接室。応接室のソファでおばさんが昼寝をしていたので全体写真は撮れず。ちょっと残念。

所在地:千葉県東金市東金1135
設計  :不詳
竣工年:昭和初期

●旧東金税務署(旧多田屋本社)
旧東金税務署
もともとは東金税務署の建物。税務署には100人くらい働いていたそう。
それを多田屋が海側に土地を持っていてた土地と等価交換し、昭和48年(1973)から多田屋本社社屋として使用されました。
なお、多田屋は江戸時代からいろんな商売をしていたので今も蔵、宿泊施設だった建物がすぐ近くに残っています。

所在地:東金市東金1135
竣工年:明治末期

●武野輪業 
武野輪業 正面

武野輪業 アップ1 武野輪業 アップ2
SUZUKIの大きな看板で隠れてしまっているのが残念ですが、こちらも近代建築。
向かいには「小幡銃砲火薬店」があります。そのようなもの初めて見ました。家康が鷹狩りに来ただけあって、狩猟なども栄えた町なのでしょうか。
所在地:東金市東金1013

●田中家具店
田中家具店
こちらは一目で近代建築と分かる建物。販売店らしい、ショーウィンドウも兼ねているかのような大きなガラス戸で通りの反対からも椅子などが見えます。デザインは幾何学的。
所在地:東金市田間2318
竣工年:1930年(昭和5年)

●藤田屋履物店
藤田屋履物店 多田屋向かいの少し先。
 ここは・・・全然近代建築とは関係ないのです
 が、店先に売っているサンダルや上履きが
 250円という、破格の安さで思わず中に入って
 しまいました(笑)。しかも、店番をしている
 おじいさんが、店のもの全部半額でいいよ、と
 言うではありませんか。つまり125円か!!
 たぶんもう、仕入れとかはしてないでしょうか
 ら、流行の靴とかはないのですけど、定番買う
 なら是非試しに入ってみて下さい。

(今日のおまけ)
桜の名所、八鶴湖に佇む八鶴亭はこの周辺に旅館がなかったため、豪商の共同出資により明治18年に建てられた和風旅館。今は料亭のみの営業をしています。
八鶴亭1 八鶴亭2
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindaikenchikurest.blog14.fc2.com/tb.php/210-bcc3fbaf