(その2より続き)

●京都大学 花山天文台
花山天文台 「花山天文臺」
「花山天文臺」 ”うてな”の字が時代を感じさせます。

花山天文台 外観
こちらアマチュア天文学では聖地だそう。一般対象の観測会は何十倍もの倍率でしかも当たっても自力でなんとかここへ来なければならない大変さ。これを思うと今回の特別公開は観光バスも出るしシャトルバスも出るし、見たければ誰でも来れるし、と天と地の差のようです。近代建築的にはかなり地味ですが、天文マニアにはものすごい特別公開なのかもしれません。

花山天文台 階段

花山天文台 1階 
わずかながらに感じられる1階内部の近代建築的フォルム。


花山天文台 階段

花山天文台 川崎造船所昭和4年建設当初の建物は本館と別館、記念館の3棟。

建物自体は京都帝国大学の営繕課が担当。19mくらいあるドームは造船会社
の方がこういう丸いものを造るのが
うまいということで川崎造船所(現在
の川崎重工)が施工。





花山天文台 ドーム
ドームの窓は真横に開く。モーターで開くがコンセントコードは短い。なのでコンセントが360度あちこちに設置してあり、近いところに差し込んで使う。
直径45センチの望遠鏡で国内3番目の大きさ。
ここができた当初は30センチのレンズだった。望遠鏡も地球の回転に合わせて動かす。今はいいモーターがあるが、ここのは古いので重力時計という重りで動き天体を追尾(1時間分くらい)。下まで来たら、ロープで引っ張ってまた重りをあげる。
このような古い望遠鏡がいまだ現役で使われているのは大変珍しいそうです。

花山天文台 2階
観測に明かりは大敵ということで、階段や窓にフタがある。

花山天文台 展望台より

花山天文台 別館と歴史館
天文台からの眺め。下に見えるのは別館と歴史館。

花山天文台 歴史館
歴史館は当時は子午儀を用いる観測所でした。一時期、取り壊しの話も出ていましたが、同大学建築学部の先生が昭和初期の木造屋根建築だとその貴重性を説いたことで保存・整備し歴史館となりました。

花山天文台 歴史館 灰皿現在は前出の30センチのレンズや天文台長だっ
た宮本正太郎がアポロ11号の月面着陸に協力し
た記念に贈られた灰皿(アームストロング船長
が月面に着陸した足跡を縮小したもの)などが
展示されています。
なお、宮本氏はヘビースモーカーで灰皿はヤニ
だらけだったそうです。
ちなみにこの建物は1977年ごろの河島英五の
「信望」
というアルバムのジャケットに使われ
ています。いまと違って緑っぽいボロボロの
建物に見えます。。。

花山天文台 別館 
別館ではこの日も太陽の観測中でした。


京の夏の旅(今日のおまけ)
今回利用した定期観光バス特別コース「京の近代建築と市内一望の絶景をたずねて」は2017年9月30日(土)まで毎日運行中。9月16日(土)は本野精吾邸がお休みで小島櫻谷旧邸(櫻谷文庫)に振り替え、9月26日(火)は祇園閣が拝観中止なので注意が必要です。
HPや電話で予約可能ですが、自分の場合、HPで予約を試してみたら、どうもうまくいかなかったのと、当日・直前でも空席があれば参加可とあったので、まあ、正直ちょっとマニアックなコースなので、土日でなければ満員はなかろうと踏んでそのままバス乗り場に隣接している案内所(チケット売り場)へ直行。
で、当日10分前にチケット買いました。思った通りで参加者は定員数の約半分24名。踏んだ通りでしたが、出発前の案内所が混むということを念頭に置いていなかったのはちょっと失敗。当日ふらりと参加するにしても、もう少し時間に余裕をもって買った方が安心です。

当日実際のの所要時間(平日):5時間半 料金:大人9000円
HP:https://resv.kyototeikikanko.gr.jp/Teikan/Web/Default.aspx

定期観光バス特別コース「京の近代建築と市内一望の絶景をたずねて」その1(本野精吾邸と辻徳)
定期観光バス特別コース「京の近代建築と市内一望の絶景をたずねて」その2(白河院と祇園閣)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindaikenchikurest.blog14.fc2.com/tb.php/222-729b7651