FC2ブログ
2018.09.01 ●静嘉堂文庫
静嘉堂 門
もうほぼ終わりかけですが・・・静嘉堂文庫美術館で「明治からの贈り物」を観てきました。
こじんまりとした美術館でその分、入館料も安いです。集中力が切れないうちに見終わる広さで個人的にはベストサイズ。明治の超絶技巧が好きなので、「美の巨人たち」でおなじみの柴田是眞、涛川惣助、海野勝珉のなど作品が見られたのも良かったです。

近代建築と関わりが深い作品というと、のちに開東閣(岩崎彌之助邸)のビリヤード室を飾った黒田清輝の「裸体婦人像」とコンドルの絵の先生であった河鍋暁斎の「地獄極楽めぐり図」、湯島にある旧岩崎邸の和館・大広間にある「富士に波」も描いた橋本雅邦の「竜虎図屏風」、コンドルが手掛けた弥之助墓所前にある大きな香炉を手掛けた岡崎雪聲の「唐銅龍鳳文環耳瓶」などがあります・・・と列挙していき気づきましたが、これらはちょうどすべてチラシに掲載されていますわ。

チラシ表チラシ裏
※画像をクリックすると大きくなります。

「裸体婦人像」の横には大きく当時のビリヤード室の写真が展示されていました。開東閣は一般公開されていませんが、されていたとしても、火事で内装はすべて焼けてしまったことを考えると、昔をしのぶ貴重な一枚です。

静嘉堂文庫1

たいと美術館のお隣には大正13年に建てられた静嘉堂文庫があります。こちらは普段中には入れませんが、何年か前、文化財ウィークで中に入れてもらったことがあり、いろいろ説明を受けましたはずですが、覚えているのは今でも研究者に門戸を開けていることと、日本で一番画数の多い漢字はなんでしょうというクイズが出たことくらい・・・。
答えは「たいと」。総画数84画。日本人の苗字とされていますが、意味はないみたいです。

静嘉堂文庫2
裏手。大正13年らしく当時はやりのスクラッチタイル。設計は三菱の丸ビルも手掛けた桜井小太郎。和漢の古典籍が納められている。特徴としては個人が収集した蔵書を、散逸を防ぐため一括購入していたこと。

静嘉堂文庫3
1988年発行の藤森先生の「建築探偵東奔西走」の写真では2階窓、タイル3段下くらいまでだった植木が今は窓の真ん中あたりまできてます。ちょうど30年でそれだけ育ったということですね。正直言うと、建物より何より、どうやってあの高さの植木をこんもりキレイに切り揃えているんだろうと、そちらのほうがよっぽど気になって仕方ありませんでした。。。。

岩崎家霊廟 全体
庭の奥へ進むと岩崎家の霊廟。明治43年、岩崎小彌太が父・彌之助の三回忌法要にあたって建立した(設計:ジョサイア・コンドル)。

岩崎家霊廟 二十四考岩崎家霊廟 二十四考
中国故事「二十四考」が扉に描かれている。孝行が特に優れた人物24人。

岩崎家霊廟 香炉
青銅製大香炉。中国の殷周時代の鼎にならったもの。内側には寄進者名が鋳出されている。あまりの大きさに当時新聞でも話題になった。

(今日のおまけ)
岩崎家霊廟 香炉
香炉のそのフォルム、「おしりたんてい」に激似・・・

(参考文献)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kindaikenchikurest.blog14.fc2.com/tb.php/230-ffcc5ed5